2006年12月27日

読み間違いシリーズ

「やさいラーメン」





ね、「やさしいラーメン」に見えますよね!




…え?見えない?
posted by らくた at 00:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 道楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

餃子か焼売か

餃子と焼売、どちらが好きかと聞かれたら、僕は必ずしも餃子が嫌いなわけではないんですが、迷わず「焼売」と答えます。

ただ、考えてみると我々「中年男性」にカテゴライズされる者にとっては、餃子に関わる場面と焼売に関わる場面を比べた場合、圧倒的に餃子に関わる機会の方が多いんですね。

例えば「餃子ライス」はよくあるんですが「焼売ライス」…僕は聞いたことがありません。ビールのアテとして市民権を得ているのも餃子の方でしょう。サッポロドラフトワンの「ドラフード1号」に任命されている事実によっても証し立てられています(笑)。また「ラーメンと○○」の場合、ここには餃子が入るのが普通で、焼売が入るの普通だという話は寡聞にして知りません。

どちらもご飯には合うんですが、「一品だけのおかず」と考えると確かに餃子の方がパンチがある。ちょっと焼売は大人し過ぎます。また、ビールのつまみの一つに焼売があるのはいいんですが、焼売だけでビールを飲むのは確かに何となく物足りない。ラーメンと対峙するにもまたしかり…なんですよね。

恋愛の場面に例えて言うなら焼売は、女の子に「ものすごくいい人なんだけど、いい人すぎてなんか物足りないっていうか、何か恋愛対象に見れないのよね…」などと言われてしまいそうなタイプですね。こういうタイプの人にものすごくシンパシーを感じる僕(笑)は、やはり焼売を応援したくなるんですね。

いや、僕の焼売好きは、単なる判官贔屓ではありません。焼売には、餃子には決してできない特技があるんです。

僕の家の冷凍庫にはいつも焼売が入ってます。気紛れで弁当を作って「何かもう一品」と思った時に、どんな弁当を作っても、焼売が入ってバランスが悪くなることはありません。「もう一品」の役割を見事に果たすんですね。これは餃子には決してできない芸当です。

殊更ヒーローに祭り上げられるカリスマもなければヒーローになろうという野心もない。しかしどのようなメンバーと組もうとも調和して存在感を醸し出す。その働きに、数は少なくてもきちんと評価をしてくれる人もいる…。

おいしい焼売が大好きな僕ですが、こうやって考えてみると「おいしい焼売的人生」にもものすごく素敵なんじゃないかって思ったりもします。
posted by らくた at 01:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。