2007年02月23日

らくたの楽器(その3)

070204_2355~01.JPG【左:CLAFTER CT-125 右:GUILD JF30-12】

【CLAFTER CT-125】

2005年の冬に買ったエレガットです。この前に書いたVARIAXですが、便利なのですが一つ不足している音色が「ガットギター」なんです。鉄弦のギターでナイロン弦の音をシミュレートするのが難しいということなのかもしれませんが、ちょっと不満です。かといってガットギターは僕の曲ではそんなに頻繁に使うものではないわけで、わざわざ高いのを買うのもなぁ…けどあったら使う機会はあるはずだから、安くてなんかチャームポイントのあるものが現れないかなぁ…などと思い、月日を過ごしていました。

ある日、偶然某楽器屋さんでこのギターを見つけました。何となく弾いてみました。セミホローボディーで生音はほとんどしない(だから夜でも演奏できる)、ピックアップが載っているので便利、アンプを通して試奏する限りそれなりの音が出ている気がする…この3つのポイントがなかなか魅力的です。この値段でこれらの条件を満たしている選択肢が他になかったので、購入を決めました。

後日談ですが、最近VARIAX ACOUSTIC 300 NYLONという機種がLINE6社から出ましたが、この機種は従来のVARIAXのようにダイヤルでシミュレートしているギターの種類を選ぶというスタイルではなく、BODY/COMP/VERB/MICの4つのパラメーターを動かして様々なギターの音を作り上げるという構造になっていて、自分の気に入ったギターのプリセットを選ぶ従来のスタイルとはちょっと違った趣の操作系です。楽器屋さんでの試奏だけの印象ですが、概ねこのギターで出来ることは、僕のCLAFTER CT125+BOSS AD-5の組み合わせで出来ることと大きく変わらない気がしますし、音に格段の差も感じない(まぁ、ガットギターの音の良し悪しがわからないということなのかも知れませんが)ので、VARIAXのガットバージョンが出たから買い換えたい、という気は全く起きません。

今のところ僕の発表している音源にこのギターが使われているものは少ないのですが、「ガットギターの色気が欲しい!」と思う場面ではちょこちょこ使っていこうと思っています。


【GUILD JF30-12】

2000年の秋に購入したギターです。ある日、当時職場が御茶ノ水だった僕、昼休みに楽器屋に行き、このギターを見つけて、どんなギターだろう…と試奏してみました。ギルドのギターは中低音域の濃い、僕的には扱いにくいギターというイメージ(これは後にちょっと誤解があるのかな…と思うようになりましたが)があったのですが、12弦の場合6弦に比べてかなり高域が強調されますから、その濃度が高めの中低域がいいバランスを生み出すんですね。爽やかで深く、クリアな音にかなり心が動きます。

もっとも当時僕はK-YAIRIのYD87-12という12弦エレアコを持っていたんです。このギターも悪いギターではなかったんですが、如何せんボディーが小さいためこのGUILDと比べてしまうと音に深みが足りない。要は「じゃら〜んと鳴らしたとき」の気持ちよさがGUILDの方が格段に上だった…ということです(笑)。

ところで、この時購入を考えていたのがGIBSONのHUMMINGBIRDだったんです。ある日吉祥寺の某楽器店で「これぞ俺の求めていたHUMMINGBIRDだ」という音のする、それも格安のものを見つけていたんですね。ちょうどこのJF30-12を見つけるちょっと前です。どちらも結構いいお値段のする買い物ですから、かなり迷います。もちろん両方は買えないし…と、しばらく迷っていました。もう一回HUMINNGBIRDの方を弾いてみようと時間を作って吉祥寺に行きます。はい、もう売れてました。ちなみにこのHUMINNGBIRDよりも僕の好きな音がするHUMMINGBIRDには未だ出会っていません。

対抗馬はいなくなったわけですが、それでもしばらく慎重考えて、結局当面はYAIRIの12弦も残したままにして、このGUILDを買うことにしました。ただ後に、12弦自体の出番があまり多くないのに12弦が2本あってもしょうがないし、ライブの予定もないからエレアコを残しておく必要もないか…と思うようになり、結局数年後にYAIRIの12弦はドナドナしました。

このGUILDも今のところ出番はあまり多くはありませんが、今作成中の音源では、時々きらきらとした音を曲の中に撒き散らしにやってきます。中心選手ではないんですが、いないと何だか物足りない、不思議な存在感のあるギターです。僕の腕が拙いため、例えば単音弾きで複弦の存在感がより際立つフレーズを散りばめるとか、まだまだいろんな使い方もしたいんですが、なかなかそこまで使いこなせていないのが残念です。もっと楽器のポテンシャルが生かせるような技術とセンスを磨かなきゃなぁ…と、弾くたびに特に反省させられる楽器でもあります。



ところで、これで「らくたの楽器」ギターシリーズ本編は終わりなんですが、こうやって振り返ってみるとどのギターもそれなりに「ステキな偶然」を経て僕の手元にやってきているんですよね。もしあの時にあのギターに出会っていなかったら、別の選択をしていたら…過去についての"if"は無意味だといいますけど…出来上がった曲も違うものになっていたかもしれませんね…なんて思うらくたなのでした。
posted by らくた at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ダンシング・シスター

数年前、カラオケでアバの「ダンシング・クイーン」を歌うのに飽きて来た頃、この「ダンシング・シスター」を持ち歌とすべくCDを買おうかと思ったんですが、結局買わないまま今日に至ってます(笑)。

この曲が流行ったのは確か僕が小学校4年の時。この頃日本ではいわゆる「ニューミュージック」の時代。この時期の音楽には、後で聴いたものも含めて、僕はかなり強い影響を受けています。

ただ、時代は流れています。いい音楽はたくさん作られているはずなのに、どうもそのあたりをほとんど聴いていません。時々「俺の音楽はずっと止まったままなんだよな…」と思うことがあります。いや、もちろん、巷間に流れる音楽も意識するとせざるとにかかわらず自分の中に消化され、その影響は受けているはずなんですが、どうも僕の新しいものを受け入れる「柔軟性」はかなり低いんじゃないかって気がするんですね。

昔はあったのに…なんて考え始めるのは老化の第一歩(笑)。「柔軟性」は取り戻せなくても、「柔軟に行動する」のは意識すればできること。ちょっと意識して「今の音楽」にも耳を傾けてみましょうか。

僕は別に音楽で「昔はよかった」なんていうことを表現する気はありません。
posted by らくた at 04:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

らくたの楽器(その2)

070204_2357~01.JPG【右:LINE6 VARIAX500/左:YAMAHA MB-V】


【LINE6 VARIAX500】

自分にとってのメイン楽器であるアコギには、下手は下手なりにこだわりはあります。しかしこれがエレキとなると屯とこだわりがなくなります。しいてこだわるとすれば「あまりに安っぽいギターは持ちたくないけど、あまり上手そうに見えるギターも避けたい」という一点でしょうか…(笑)。そんな僕がエレキに取り組もうと、最初に買った「本格的なエレキ」がGIBSONのLesPaul SPECIALでした。

ちょっと鼻が詰まったようなガラガラした太めの音がなかなか好みでした。しかしこのギター、最大の欠陥は「半端じゃなく重いこと」だったんです。これは間違えてもライブでは使えません。またバッキングをメインにする僕のギターとしては幾らか音がイカツい感じがします。やはりシングルコイルのギターを持つか…と、2004年の大晦日、ストラトやらテレキャスやらをお店に試奏しに行きました。何本も弾きました。挙句の果てにはどれがいいのかさっぱり分からなくなっていました。途方に暮れました。

最後に立ち寄った楽器屋さんで目に入ったのがこの「VARIAX500」でした。このギター、要するに「ギター界のモノマネ王」みたいなギターで、電子的にシミュレートされたいろんな種類のギターの音が出ます。「シミュレーターなんて所詮偽者じゃん!」とか思って毛嫌いしていたんですが、自分の耳も何本も弾いてたらどれが好きなのかすら分からなくなる程度の耳なんだし…といささか吹っ切れて、随分値崩れしていたのを幸いと弾いてみました。弾いてみると、例えばストラトの音なら「うんうん。ストラトってこんな音がする気がする!」と、僕の耳なら騙せる程度の音が出ます。

そんなわけでこのギターを晴れて購入した訳ですが、このギター、意外に便利でよく使っているのが、アコースティックギターのシミュレートなんですね。夜中にデモを作るときにもアコギが録音できるのがかなり便利だったりします。ただ、アコギ一本で弾くにはやはり偽者っぽい。けど、オケに入れてしまう程度の話であればこれでも十分アコギに聞こえるんですね。とにかく便利で、使用頻度の高いギターと相成りました。

後日談ですが、このギターを購入してしばらくして、LesPaulspecialはほとんど弾かなくなり、ドナドナされました。


【YAMAHA MB-V】

ベースを弾くのにはずいぶん前から憧れみたいなものがありました。その思いが強くなったのはイーグルスのランディー・マイズナーのベースを聴くようになってからでしょうか。「カウンターメロディーの一つ」としてのベースサウンドがものすごくアトラクティブだったんですね(もちろん自分で弾けるとは思っておりませんが…(汗))。しかし僕は無類に手が小さいんです。そこで出来るだけネックが細くてスケールの短いベースが欲しいわけです。

ところで、僕には変な思い込みがあります。「初心者の辞書は旺文社、初心者の楽器はヤマハ」っていう…もちろん単なる思い込みなんですが…(笑)。ただ、この思い込み、僕の中ではかなりリアルなんです。最初に持ったアコギはヤマハのFG251、最初に持ったエレキはヤマハのレス・ポールモデル、最初のアンプはヤマハのVX15、最初にDTMの世界に入ったのはヤマハのQY300、最初のキーボードはヤマハのDX-7。本当の意味で僕の「好み」ではないんでしょうが、僕にいろいろと勉強させてくれた楽器がヤマハの楽器なんですね。

奇しくもベースについてもこの原則が生きてしまったんです。ヤマハのMBシリーズは僕が高校時代に発売されたものですが、このシリーズ、当時よく集めていたカタログを見て知っていました。当時から「小さくて弾き易そうなベースだな…もしベース買うんならこれかな…」なんて思っていました。

それから10年以上の月日が流れた2004年の夏。御茶ノ水の某楽器屋さんに、中古品でこのベースが売っていました。定価が40000円位の機材ですから、中古価格も推して知るべしで…衝動買いしました(笑)。ちょうどウスバカゲロウとしての活動を始めた頃で、「レコーディングをするときに、弾けるベースは手引きで入れたほうがらくたの楽曲は活き活きするんじゃないか」という話が出ていた頃でもあったんです…その意味ではものすごくいいタイミングでこのベースが見つかった訳ですね。

音がいいのか悪いのかはよく分かりませんが必要なときに必要な楽器が目の前に現れた…これっておそらく縁があるっていうことでしょう。ベースに金をかける余裕も、ベースに熱中する余裕もないと思うので、当面はこのベース一本でベースパートはまかなっていこうと思っています。
posted by らくた at 02:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

らくたの楽器(その1)

以前このブログで機材記事を書いた時とまた幾らか記事あの入れ替わりがありました。改めてこのブログでご紹介してみようかな…と、この記事を書くことにしました。第1回目は僕のメイン楽器である2本のアコースティックギターをご紹介いたします。

070205_0002~01.JPG【左:GUILD JF30/右:GRETSCH "RANCHER"】

【GRETSCH 6022C"RANCHER"(1996)】

1997年から僕のメインギターとして頑張ってくれています。

ギターにお詳しい方でも「グレッチってセミアコとかエレキなんかじゃないの?グレッチのアコギなんて聞いたことがないけど…」とおっしゃる方が多いのではないかと思います。僕も「グレッチっていうのはバイオリンみたいなギターのメーカー」だと思っていました…。

このギターとの出会いは、1994年だったかなぁ…横須賀中央のS楽器でした。この時展示されていたのは6022、カッタウエーとピックアップのないモデルでした。初めて見たグレッチのアコギにへそ曲がりの僕は興味津々です(笑)。当時の僕には(今でもあまり変わりませんが)ちょっと価格的にマーチン・ギブソンは厳しい。幸いこのギターは当時12万円そこそこ。学生でもちょっと頑張れば買えそうな額面です。ただ、このギターにはピックアップつきのモデルがあるようなので、買うのならこちらにしよう…と思っているうちに、結局ピックアップつきのモデルに出会うこともなく時は流れていきました。

大学を卒業して就職をした1997年、御茶ノ水を歩いていると、このギターを発見しました。これも何回か試奏して、ちょうどボーナス時期だったこともあり、思い切って買うことにしました。

このギターはとにかく弦高が低くて弾きやすい。弾き込んでいくうちにすいぶん鳴りも良くなってきましたが、それでも「必要以上の邪魔な低音が鳴らない、アンサンブルの中で扱いやすいきらきらした音」という印象は今も変わりません。バンドの中でボーカルを取りながら、アコースティックギターを持つなんていう人には、見た目の派手さも相俟って、ものすごく適したギターなんじゃないでしょうか。


【GUILD JF30(1987)】

2006年の年末に買った、RANCHERと並んで僕のメインギターとして活躍ているギターです。

もともとギルドのギターは、12弦はもともと好きだったんですけど、6弦は低音が強すぎて扱いにくいギターという印象でした。ところが去年の暮れ、何の気なく立ち寄った池袋のI楽器でこのギターを見つけました。何だか弾いてみたくなったんですね。1987年製と結構な年数が経っているのに8万数千円のプライスがついているんです。特にアコギが欲しい訳ではないけど、もし気に入ったら儲けものだな…みたいな感覚です。

そんなわけで試奏してみると、一言で言うなら「これ以上ないくらい普通のギター」なんです。とにかく扱いやすい、バランスもいい、弾き方によって狙ったとおりの音が出る、狙ったとおりの抑揚がつく…もちろんすべて「僕にとって」なんですが。ときめきはないけれど、人生の伴侶には(ギターの場合は何本「人生の伴侶」がいてもいいわけですから…;笑)とっても適したギターなんじゃないかっていう気がしたんですね。究極の「焼売系ギター(過去記事参照)」です(笑)。

そんなわけで何回かその楽器屋さんに通って弾くわけですが、挙句の果てには理不尽なことを考え始めます…「何で俺のギター持って帰るのに金払わなくちゃいけないんだよ!」みたいな…(笑)。もちろんお金を払わなければギターをうちには持って帰れないので、泣く泣くお金を払って帰ってきました(笑)。


この2本のギター、かなりキャラクターが違いますので使い分けは簡単です。アコギを主役に持ってくるものにはギルド、オケの中で和を乱さずにバッキングとして存在感を示すときにはグレッチ、フォークっぽいものにはギルド、ロックやポップスっぽいものにはグレッチ、ライブはグレッチ中心に、スタジオ録りはギルド中心に…なんていうのが基本線ですが、この2本、並べて弾いてみれば「その曲ではこのギターを使うか」は一発で決まると思います。

アコギって個体差も含めてそれぞれにものすごく個性的なんですよね。まだまだたくさんの「人生の伴侶」が現れそうで、空恐ろしい気もします(笑)。ただ、それもアコギの楽しさなんですよね。
posted by らくた at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

完成品と未完成品

ここのところ結構頻繁に音源をアップしていたりしますが、これまでアップしてる曲、ほとんどは「完成品」ではないんですよね。

今のところウスバカゲロウでの役割分担は

僕=作詞・作曲・基本アレンジ・楽器各種・歌・コーラス・エンジニア
ぱんち=ギターソロ・その他ギター・御意見番

実はぱんち君の仕事の中でもっとも僕が助かっているのが最後の「御意見番」の部分だったりします。客観的にどう聞こえるのか…もちろんぱんち君の主観は入るわけですが、作った人よりは格段に「聴く側の立場」で聴けるわけで、もちろん僕の音楽性も分かった上での見解が出てきますから、かなり参考になるわけです。

そんなわけでこれまでアップしている曲はまだ、もちろんギターソロなんかのパートが入っていないこともそうなんですが、「御意見番」を通っていない段階のものという意味で「未完成品」ってことになるわけです。

そんなわけでまた「未完成品」が出来ました。ただ、音的には今回のは結構完成品に近いものなんじゃないかと思われます。よろしかったら聴いてみてください。

http://rakutanootogura.seesaa.net/article/32684050.html
posted by らくた at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SONAR

最近うちのSONARちゃんの機嫌が悪いんです。以前なら20トラックくらいのオーディオを流しても止まらなかったのですが、最近10トラックくらいでも平気でドロップします。

何か設定変えたっけなぁ…?「止まる原因」として考えられるのは「HDの回転数が推奨環境よりも遅い」「エフェクトが多数リアルタイムでかけてある」「バッファーが少ない」あたりは以前もよくあったんですが、HDが遅いのはもともと、エフェクトはかかってないし、リアルタイムレコーディングの時は以前からかなりバッファーを小さくしてたから、それも原因とは考えにくい…。

SONARの右下にはCPUの使用状況とHDの使用状況を表すメーターがあるんですが、見ているとHDのメーターが数%から一気に90%を超えたりしてます。原因はこのあたりかなぁ…。ひとまずデフラグをかけてみよう…と、只今パソ君は一生懸命デフラグしてくれてます。

いや、効果があるかどうかはさっぱりわからないんですが、電器製品が誤作動を起こすとひとまず電源を抜いてみる…っていうのと大体同じですね(笑)。
posted by らくた at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。