2007年07月10日

トラブル解決

さて、今回のトラブルのは、ソフト上で動くソフトのトラブルな訳ですから、どちらのソフトに問題があるのか、一向に見当がつきません。そこで両方のソフトのサポートにメールを入れておきました。

で、EZ DRUMMERの販売元からのメールは先だって書いたとおりで、ちょっと納得のいかない回答だったんですね。そもそもEZ DRUMMERはVSTインストルメントですから、僕の使っているバージョンのSONARがVSTに対応しているかどうかが問題で、SONARのバージョンそのものが問題になるっていうのは、素人目にはちょっと考えにくい原因分析だったんですね。それでももしそれが正しいとすると、SONARをバージョンアップしなければならない。最新版のSONARを走らせるには今のパソコンはあまりにアンダーパワーですからSパソコンも買い換えなければいけない。相当な出費です。それなら諦めてEZ DRUMMERは当面お蔵入りさせるしかないか…と半ば諦めつつ、SONARの販売元であるローランド社からの回答を待ちます。

ローランド社からメールが来ました。サポートセンターの担当は2年前に出たトラブルの時と同じ方でした。前回のトラブルの時も大変詳細にトラブル原因を検討してくださってありがたかったのですが、今回も幾つかの確認事項と解決の可能性がある手段を書いたメールを下さいました。実際にそれで使えるかどうかは別として、何らかの手を尽くそうとしてくれた時点で結構満足気味の僕でしたが、サポートの担当者の方からいただいたヒントを参考にしながら幾らかいじってみたところ、きちんと使えるようになりました。

わ〜い!ありがとうございました〜。

ところで、僕が音楽環境を単体機器からパソコンベースに移行したのは2年前…相当な後発組だったんじゃないかと思います。単体機器にこだわっていたのにはそれなりの理由があります。順調に動いてくれている限りにおいてはパソコンベースはかなり快適かもしれませんが、一度トラブルが起こると、原因がソフトなのかパソコンなのか、はたまた周辺機器なのかが確定しにくい。最悪の場合、それぞれのサポートセンターの間をたらいまわしにされる可能性さえある。パソコン導入を躊躇するには十分な理由だったと、今でも思います。けれども、これまで僕が受けてきた限り、ローランドのサポートは信頼に値しますし、高く評価できます。

そのうちパソコンを買い換えたらDAWソフトも新調しようと思っています。SONAR以外に気になるソフトもいくつかはあるんですが、使い慣れてきていること、サポートの信頼度の高さで結局SONARのバージョンアップってことで落着くんだろうなぁ…。
posted by らくた at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

最悪だ…

何やら微妙に「悪いこと」が連発しています。

その中では最大の話。昨日の夕方某大手量販店のソフトコーナーにて、昨日、EZ DRUMMERを購入したんですが…その「今のところ」やや悲しい顛末…。

リズムの打ち込みが大の苦手ならくた、簡単便利、音もそこそこのリズム系のソフトを探しているうちに、このソフトが引っかかってきました。箱をなめるように見回し、店員さんの説明を聞いて、VSTプラグインのリズムマシーンであることが解ります。目的にもばっちり合っていますし、僕のSONAR LEもVSTに対応していますから、使えるんだろうと(実際、説明してくれた店員さんも使える前提で説明してくれた)購入することにしました。

ところが使えないんです。インストールしても、SONARのVSTアダプターでVSTインストルメントとして認識されないんですね。

とりあえずEZ DRUMMERのアンインストール、再インストールとか、PCの再起動とか、僕の打てる手を全部打っても全然ダメ…。仕方ないのでローランドとクリプトンフューチャー社のサポートにメールをします。

今朝返ってきたのはクリプトンフューチャー社からのメール。曰く「SONAR LEには対応していません。SONAR4 PE・SE以降のバージョンでお使いください」と書いてある。



簡単に言うなよ…。



ホストアプリケーションだって高いんだよ?



「VST対応」の表示はあるけど、「対応ホストアプリケーション注意」って表示は見あたらないよ?




「VSTが使えるものの中には使えるものがあるよ」って表示なのかな?




もしそういうことで、店員さんにさえも周知されない情報を知らない限り自分の環境で使えるか分からないものを販売して、使えなかったら「対応していません」と悪びれる様子もなく…。販売店では「開封後の返品はできませんのであける前に動作環境を確認してください」ってあったけど、箱を見る限りではそんな情報はどこにもないわけで、それじゃあ体のいい詐欺行為じゃない?




ひとまずローランドからの回答を待ってみよう…。
posted by らくた at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ワンセグ

最近、今はやりの「ワンセグ携帯」に買い換えました。

電車の中でラジオやらテレビなど見られるのはなかなか快適であります。父親の血統は耳が弱いため、長く音楽を楽しむために、携帯型ヘッドフォンプレイヤーは使わないと決めていたんですが、やはりこれはこれでよい時間潰しになるんですよね(笑)。

僕は普段AMラジオしか聴かないし、所有しているCDのジャンルも限られます。新しい音楽に触れる機会は多くないんですね。ワンセグラジオは割と音楽(垂れ流し)番組が多いし、この携帯では普通のFM放送も入るので、新しい刺激を受けるにはなかなかいいわけです。

で、今日ワンセグラジオでヒュー・イルイス&ザ・ニューズとかスターシップなんかが流れていたんですね。

そこで気がついたんですが、僕の曲でよくコーラスにかけているエフェクトの感じがこれらの曲に似ている感じがするんですね。比較的シンプルなコーラスのラインにちょっと厚めにコーラスをかけてある感じ…本人の中にあるイメージは似ているんですよ(笑)。

それにしてもちょっと意外だったんですよね。僕が主に影響を受けているであろう音楽というと、アリスを中心としたいわゆるニューミュージック、イーグルスを中心とした70年代のウエストコーストロック、ブラザース・フォーを中心とした60年代モダンフォークなんかで、僕の引き出しに80年代ポップスはないと思ってたんです。

どうやらやはり多かれ少なかれ、自分が青春期に、意識するとせざるとに関わらず耳にしていた音楽に何らかの影響は受けていたっていうことなんですよね。

何を「パクリ」と言い、何を「インスパイアされた」と言うかはいざ知らず、音楽を作る作業というのは、過去に自分が耳にしたモノをトレースしている側面があるということに改めて気がついたんですね。

自分の殻を破るには、いろんな音に触れていくことがやはり必要なんだろうな…と思った出来事でした。
posted by らくた at 01:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。