2013年03月11日

3月11日、ちょっと考えた一日だった

今日、お互い鉄道好きで仲の良かった大学の後輩(現在は宮城県で公務員をやっている)からメールをもらいました。その返信。今日について僕が思うことなので転載してみます。

------------------------------------------------

ごぶさた。

そうそう。話したいこともあるし、みたいなことをいってたんですが、あまりに話がまとまらなくてそのままになってました。

実は2011年の元旦は八戸で迎えました。で、正月早々八戸線、北リアス線、山田線、南リアス線を回る予定でいました。ところがその日、山田線が雪で不通で、その行程は代行バスで移動し、そのため時間がなくなり、釜石線で花巻に戻り、東京に帰りました。

また、その一年くらい前でしたか、北上に用事があって、そのついでに釜石線と南リアス線、大船渡線にも乗ってます。あの時、車窓から見えた大船渡と陸前高田の町を見て、ちょっと歩いてみたいな……と思ったのも覚えています。まさか「また」が叶わないことになるとは予想もしていなかったわけですが。

震災後、一ヶ月後くらいでしょうか、ひたちなか海浜鉄道に乗りに行き、やはりちょっと前に訪れていた那珂湊漁港の変わりっぷりに呆気にとられました。

そして去年の夏、車で相馬〜新地〜名取〜仙台〜七ヶ浜〜石巻、そして北上で一泊し翌日は宮古〜山田〜大槌〜釜石と一回りしてきました。

相馬では、自分が立っていた場所が住宅地であることすら判るのに時間が必要でした。新地ではカーナビに出てくる踏み切りが見つからず、どうなっているのか判らず、実は道路が踏切を覆うように作られていたのですが、それがわかるまでにはちょっと時間が必要でした。そして破壊し尽くされた駅前では重機の音が聞こえ、新しい電柱が立っていました。「復興は始まってるんだね」なんて少しホッとした気分になった僕の目に、電柱の張り紙が飛び込んできました。曰く「地権者が見つからないので、無断で仮設電柱をたてたが、ご理解いただきたい」というもの。そして閖上〜若林区。きれいに花が飾られた家の跡地(多分亡くなった方を弔うためのものじゃないかと思います)。そして七ヶ浜では海辺から数百メートルはあろうかと言うところに巨大な岩。住宅地らしき場所に積み上げられた廃車の山。

翌日は、通ったはずの町並みがわからなくなっている山田線沿いを南に下ります。

中でも駅の場所すら判らなくなっていた陸中山田。ここでは、もともと写真館があった場所なのでしょうか、「成人式の写真、貸衣装承ります。090-×××……」なんて立て札が立っていたのが印象的でした。必死に生きているんでしょう。でも「復興」なんていうとやっぱり違う感じがします。

「織笠駅」の看板に従って曲がってみる。ナビに頼って曲がってみても、駅にはたどり着けない。一面に家の土台だけが残されていて、駅に渡る橋や川を渡っていた鉄道の橋桁すら流されているのが判ってきます。集落の入り口に車を止めてカメラを構えている僕を、通りかかって少し複雑な表情で見ていた軽トラのおじさんの胸中は如何ばかりだったのでしょう……。

そして大槌。昨日だか今日もテレビに映っていましたが、町役場の前にあったビルにはスプレーで「解体してください」と書いてあったはずですが、その建物はまだ取り壊されていませんでした。

最後に、街中を何回か歩いていて勝手を知っているはずなのに、ランドマークがなくなっていて、歩けど歩けど判らなくなっていた釜石……。

「心が痛む」とかではなくて、見れば見るほど解らなくなりました。「復興」なんて僕ら「外の人々」は軽々しく言うけど、原発の問題はもとより、まだ殆ど「災害」そのものが終わっていないんじゃないか……。「外の人々」の一人に過ぎず、彼らの苦しみに思いを馳せこそすれ、多分解っていないであろう僕が、簡単に「被災地に思いを込めて」なんていう気持ちにはなっていいんだろうか……と、ちょっと複雑な気分で過ごした、今日、3月11日でした。

前回の訪問から半年少々が過ぎました。遅々としてではありますが、公共交通機関もBRTのような形で復旧しつつあるという報に鉄道雑誌で接しました。今週あたりは何日か時間がありそうです。その間にあわよくばもう一度彼の地に足を運んで、複雑な気持ちを再確認してこようと思います。

まあ、悪趣味な野次馬の謗りは免れ得ないかも知れませんが、それも覚悟の上で。

ではまた。
posted by らくた at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。