2004年11月13日

本年度センター試験(地理)問題・予想

次の選択肢から正しいものを選べ

1.「北広島駅」は広島県にある
2.「新小岩駅」は「小岩駅」と同じ江戸川区にある
3.「東久留米駅」は福岡県にある
4.「東伏見駅」は京都府にある
5.「北品川駅」は「品川駅」より南にある

【解答・解説】
正解は5
品川駅は品川区ではなく港区に存在し、京浜急行電鉄で一駅行ったところが「品川区北品川」となる。

…という問題は、多分出ません(笑)。

それにしても池袋在住の生徒が「正解は3!」と言い切ったのは少し悲しかった現・東久留米市民でアリマス…。

ちなみにこれ、正解5だけでいいんだよね?<鉄系のみなさん
posted by らくた at 00:57| Comment(14) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北広島駅 JR千歳線  北海道北広島市中央
新小岩駅 JR総武本線 東京都葛飾区新小岩
東久留米駅 西武池袋線 東京都東久留米市東本町
東伏見駅 西武新宿線  東京都西東京市東伏見
北品川駅 京急本線   東京都品川区北品川

以上が所在地です〜。

ちなみに・・・

南広島駅はない。広島・東広島・西広島駅は広島県にある。

小岩駅は江戸川区南小岩、京成小岩駅は江戸川区北小岩にある。

西久留米駅はない。久留米・南久留米・久留米大学前・西鉄久留米駅は福岡県にある。

西伏見駅はない。ちなみに伏見駅は2つあって、
1.近鉄京都線 京都府京都市伏見区
2.地下鉄東山線・鶴舞線 愛知県名古屋市中区
その他、伏見稲荷・伏見桃山駅(共に京阪本線)があり、京都府にある。

品川駅は東京都港区高輪、品川シーサイド駅(臨海高速線)東京都品川区東品川にある。

ちなみに目黒駅は、なぜか東京都品川区上大崎にあります。

さてと、仕事しよ〜♪
Posted by ぱんち at 2004年11月13日 11:13
上記の問題に正解すると、どんな学位が戴けるのでしょうか?

「学士」ではなく、やはり『特急』とか『快速』でしょうか……(^^)
Posted by YS@携帯より at 2004年11月13日 16:44
ぱんちさんのレスに横槍レスさせて頂きます。m(__)m

> 目黒駅

この駅名は地番等とは関係無く、「目黒不動尊への最寄り駅」という
ことが駅名の由来だと聞いたことがあります。


話が変わりますが、私がかつて東京都葛飾区に住んでいた頃、
住所を教えると「良い所に住んでいるねぇ……(羨望の眼差し)」と
言われたことが何度もありました。
その人達は皆、「お花茶屋」と「三軒茶屋」とを
勘違いしていた(聞き間違えていた)ようです。 (^^)

Posted by YS@携帯より at 2004年11月13日 21:07
>パンチさん

解説ありがとうございます。そう言えば「新小岩」と「小岩」に類似する現象として「鶴見駅」と「新鶴見機関区」なんですが「鶴見駅」は横浜市鶴見区、「新鶴見機関区」は川崎市幸区じゃないかと思うんですよね…。どうなんでしょう?
鉄な皆様のご教示、お待ちしております(笑)。

>YSさん

この試験で上級の学校への入学が認められ、最終的に「鉄道雑学士・快速特級」とかが与えられるんじゃないでしょうか?(笑)
Posted by らくた at 2004年11月13日 21:23
>YSさん

>その人達は皆、「お花茶屋」と「三軒茶屋」とを
>勘違いしていた…

それって「本八幡」とか「八幡宿」を「代々木八幡」と間違えるのと同じくらい大胆不敵な間違いっぽくないですか?(笑)
Posted by らくた at 2004年11月13日 21:27
ちょっと出てきてしまいました。
ちょっと話はずれますがいいですか?

私も昔新小岩に住んでいましたが、私は新小岩という地名が嫌いでした。だいたい地名に「新」が付くのってなんかポリシー(?)がないっていうか、なんか情けなくありません?
駅名では新横浜だとか新大阪だとかありますが、地名で「新」がつくところって他にあるのでしょうか?
前に「アド街」で新小岩の特集をやった時に地名の由来にも触れてましたが、新しく国鉄の駅が出来ることになって、その駅名を決める時に当時の地名の「小松」にするか他の名前をつけるか議論したあげく、小岩の手前に新しく出来る駅なので「新小岩」という駅名にし、結局それがその後そのまま地名になってしまったのだとか。
私は由緒ある(?)地名として「小松」という地名を残して欲しかったなと思います。

Posted by ウジキ at 2004年11月13日 23:13
>ウジキさん

ウジキさんのいうことももっともだよね。千代田区神田界隈の、無味乾燥な地番表示とか、うちの近所の「西東京市」みたいな味もそっけもない地名とか、その土地の歴史をそう簡単にかなぐりすてていいものか、考えさせられます。
ただその一方で、実は二・三日前、偶然「西新小岩ってよく考えると不思議な地名だな…」って考えてたんだよ。それで至った結論なんだけど、僕にとって「新小岩」の「新」は「新横浜」「新大阪」「新小平」みたいな「新」とは違って、「新小岩」で一塊の概念なんじゃないかなって。ひょっとしたら「新新小岩」って地名すらありうる気がしてきたんだよね(笑)。
それにしても「小松南小学校」はどうかと思うけどね(汗)。
Posted by らくた at 2004年11月13日 23:49
ちょっと失礼します(^^)。

私の最寄り駅は京急の新大津ですが、これは同じ町内(大津町)にある2つめの駅ということで、至極納得できる名前です。
けど、よく考えたら同じ鉄道会社の駅が同一町内に2つあるというのは結構めずらしいかも・・・。
Posted by くばたん☆♪ at 2004年11月14日 01:47
>くばたんさん

いらっしゃいませ!よろしくお願いします。
京急大津と新大津って、堀ノ内で別れた後に各線に一駅ずつだから、「新大津」も苦肉の策の駅名として理解できる気がするんですよ。
むしろ僕が不思議なのは「横須賀中央」なんですよね。たしかに横須賀の中央なんですけど、「京急横須賀」じゃなんでダメだったんだろう…って思っちゃうんですよね。何か理由はあるんだと思うんですけどね…。
Posted by らくた at 2004年11月14日 02:04
横須賀中央の由来ですか・・・。
当時は軍港でしたから、あえて駅名では国鉄への対抗をせずにむしろ実のある駅名を選択したのでしょうか。私にもよくわからないです。

ただ横須賀市民は、横須賀中央駅もしくはその周辺の商店街のことを「中央」と略していて、これは完全に定着しています。
Posted by くばたん☆♪ at 2004年11月14日 23:43
>くばたんさん

そういえばJR横須賀駅に近い汐入駅は確か戦前「軍港前」みたいな駅名だったような気がします…学生時代に出る度買っていた「京急時刻表」に確か書いてあったような…。
ちなみに時刻表買ってたのは大学が京急沿線にあったからであって、マニアだったからでは…決して……かもしれませんが…(笑)。
僕の日常と非日常の境界線は大津高校と大津中学のところでした。あのあたりで16号が別の道に見えるって言うか…(笑)。そういえば中央から汐入に向かう道の、トンネルを出たところにある「お○くろ」っていう赤提灯でよく呑んでました…なんて言ってたら久しぶりに横須賀に行きたくなってきました(笑)。
Posted by らくた at 2004年11月15日 00:20
ども、盛り上がってますね〜♪

>YSさん 目黒駅の由来

へぇへぇへぇ・・・♪(86へぇ)。
なるほど、そうなんですね。

)新鶴見機関区
のデータがないので、新川崎駅の所在地は、
川崎市幸区鹿島田ですね。
ちなみの大阪にも「鶴見」と付く駅はありますね。

その他皆さんのお話も合わせて、
駅名と地名は必ずしも一致しないことがよくわかりました。
駅前は、地名よりわかりやすさってことなんですかね?
でも、同じ名前でも全然違う場所にある駅もあるなぁ。
昔「京成佐倉」で降りてJRに乗り替えようとして、
とんでもない目にあったことがありました(笑)。

個人的には古い名前も味があって好きですが・・・。
東京だと、「玉ノ井」なんて好きだったんだけどな〜。
あと、実家の近くの「水元小合町」「水元猿町」だとか・・・(ってこれは駅名じゃないですね)。
Posted by ぱんち at 2004年11月15日 09:45
ウジキさんご指摘の新小岩ですが、『ウィキペディア』によると、
当時北陸本線に既に「小松」駅があったので、国鉄は駅名候補として
「下総小松」駅という名前を提示したのですが、住民の意向により
「新小岩」駅に決まったとのことです。
しかし、その当時の住民の方々が、将来自分の住んでいる地域の名前まで
駅名に合わせて変っていくということまで知っていたのか(或いは、
予想していたのか)どうかは分かりません。

Posted by YS@携帯より at 2004年11月16日 01:20
携帯電話からだと文字数(パケット数)制限に
引っかかってしまい、カキコを途中で止めざるを
得ませんでした。

昨夜のカキコの続きですが、新小岩という町名になった
経緯をネットで調べようともしたのですが、検索のやり方が
悪いのか、ヒントになることも見つけられませんでした。
区立図書館又は区役所等で議事録でも閲覧しないと
分からないのかも知れないですね。

Posted by at 2004年11月16日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1024202

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。