2004年11月17日

新小岩という地名に関する考察

本年度センター試験…(http://rakuta.seesaa.net/article/1024202.html)の記事の話の中で「新小岩」の話のコメントを書こうと思ったのですが、余りに長くなったので新規の記事として書きます。

「新小岩」の駅名の由来について、僕が小学校で習ったのは「下小松」や「上小松」でもめて、「小松」で落ち着けようとしたけれど石川県の「小松」と同一名称になってしまうので「新小岩」になった、という話だったと思います。YSさんのコメントにあった「下総小松」は初耳でした。

ところで現在、文部科学省検定済み教科書の「旧国名と都道府県の対応表」では、「下総国」=「千葉県」となっていますから、もしその駅名がついていたとすれば、新小岩の住人は「新小岩は江戸川区じゃないんだ!」という時の数倍のエネルギーを「下総小松は千葉じゃないんだ!」という説明に費やさなくちゃいけないってことになったわけですね…(笑)。ひょっとしたら「下総小松」にならなかった理由の一つはこんなところにあるのかもしれません。

ところで、現在「新小岩」エリアに存在した旧町名は四つあります。「下小松(現在の新小岩一丁目〜四丁目の大部分、東新小岩南部を一部含む)」「上小松(現在の東新小岩の大部分など)」「平井中町(新小岩一丁目の一部と西新小岩の一部)」「上平井(東新小岩・西新小岩のそれぞれ北部)」です。現在の地図で考えると、川を挟んだ平井の地名がこのエリアにあるのは非常に不自然な感じがするのですが、中川放水路や荒川放水路がなかった時代を考えると「平井」エリアとのつながりは今より強かったのでしょう。
「平井中町」のエリアは新小岩の駅から極めて近い位置にあります(例えば現在の新小岩公園の旧地番は「平井中町」になります)。駅名の決定に関しての議論に平井中町・上平井の問題が関係してきていて、単なる「上小松」と「下小松」の引っ張りあいではなかったとすれば、仮に「下総小松」ではなく「小松」という駅名にしても、周辺住民のコンセンサスが得られなかったということは十分あり得ます。

また、この文面を書いていて思い出したのですが、以前「鉄道ピクトリアル」誌の中で読んだ話だったと思いますが、総武本線には「新小岩駅」よりも「新小岩操車場」の方が先に出来ていたという話も聞いたことがあります。つまり「新小岩駅」の由来は「小岩駅」との関係というよりは「新小岩操車場の最寄駅」というニュアンスすら含んでいる可能性もあるわけですね。

また「駅名の新小岩」と「地名の新小岩」ですが、昭和40年代初頭まで使われていた旧地番が「総武本線」「中川・荒川放水路」「平和橋通り」以前のもので、線路と川、道路が大きな生活圏の境目となってくるにつれて、それまでの地番が実体にそぐわなくなった。それで地番改正ということになるわけです。

「実体にそぐわなくなった」ということは取りも直さず「新しい地域区分の中に複数の旧地名が混在する」ことを意味します。具体的には「小松」系と「平井」系の二つの地名の混在です。それを纏めるためには新たな地名を持ち込むのが手っ取り早い。その地域性を代表するランドマークが「新小岩駅」だった(それしかないのかよ…って気もしますけどね;笑)ということじゃないかと思うんですよ。

ちなみに駅名が地名になった例として僕が知っているのは今住んでいる「東久留米市」。もとは北多摩郡久留米町。昭和40年代半ばに市制を施行する時に、福岡県久留米市と名前が重複するため当時駅名として住民に定着していた「東久留米」を市の名前としたそうです。東久留米市発行の資料に書いてありました。ただ今も地元の人は「久留米」と呼んでいることも多いようで、「定着した呼び名」なのか「安直な決定」なのかは見る人の視点で決まってきそうです。

もちろん新小岩という地名も確かに安直なんだけど、この安直に見える名前が決まっていく経緯には「地域のエゴのぶつかり合い」とか「古いものの保存か新しいものの効率性か」とかの問題がいろいろ詰まっていそうな気がします。

本気で調べ始めると大変な作業になりそうだから勿論やりませんけど、それなりに面白そうなテーマではありますね。


地名を変えることがその地域の歴史をかなぐり捨てることになるのは勿論のことです。しかしその一方で、ここまで考えてきたように、ある程度時間がたつと「歴史をかなぐり捨てた」こと自体が歴史研究の対象になり得るわけです。
「歴史」って面白いパラドックスを含んでるな…と改めて感じたりしてます。

この記事の関連記事はこちらです。是非併せてご覧下さい。
posted by らくた at 12:50| Comment(4) | TrackBack(1) | 道楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか話を大きくしてしまい、ゴメンナサイ。 m(__)m

らくたさんのおっしゃる通り、新小岩駅よりも先に新小岩貨物駅(操車場だったかな?)が
およそ2年位早く開業しています。
やはりこちらもその由来が分かる資料やHPを見つけることができておりません。

もっと勉強してみます。
Posted by YS@携帯より at 2004年11月18日 14:48
いやいやとんでもない。話が大きくなったと言えば大きくなったんだけど、ここまでバカでかくしたのはぼくですし、単純なボケ話からちょっとアカデミックな地域史風の話になって僕は大変楽しめました。
ちなみに僕は今回手持ちの資料が殆どなかったのでかなり間違いがあった(例えば新小岩四丁目の一部は奥戸新町のエリアだったようですし…)と思われます。本当にこの問題を解くためにはかなりきちんと勉強しないと説明がつかなそうだね。
また何か新しい情報入ったら教えて下さい。
Posted by らくた at 2004年11月19日 04:17
いやあ、確かにここまで話を突き詰めて考えていくと面白くなりますね。
・・・でも、やっぱり「新小岩」て地名嫌い(笑)
Posted by ウジキ at 2004年11月19日 20:51
Posted by らくた at 2004年11月21日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

国立市に「矢川」という町名が誕生します。
Excerpt: いつからか忘れましたが、国立市に「矢川」という町名が登場します。 確か、いきなり「矢川3丁目」が出来るはず。 国立市は「谷保」地域が未だに旧地番で残っているので、それを解消すべく……というところで..
Weblog: お・さ・か・な の う・わ・ご・と
Tracked: 2004-11-18 01:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。