2006年01月21日

「いとをかし」を訳す

先日、友人からこんなメールをいただきました。

******************************************
(某テレビ番組で)「カワイイ」という言葉が世界各国に広まっている、ということと日本国内で「カワイイ」の意味が変化している旨のことをやっていました。

そこで質問。
古文の「いとをかし」を「超カワイイ」と訳したら、正解にする?
******************************************

らくたの見解。

【結論】
問題の解答としては不適当だが、『をかし』『かわいい』の捉え方によっては的確な解釈になることもあり得る。

【解説】
『をかし』の語源は「あるものをてもとに置きたくなる感覚」にあるそうです。広く「理性的に感じる好感」を広く表してきます。この感覚は現代会話語でいえば「いい感じ〜」がもっとも近いと思われます。

この「いい感じ〜」と「をかし」に共通する感覚は「一歩近寄ってみたくなる感覚」と説明してよいでしょう。例えば合コンで「この人いい感じ〜」であればメールアドレスを訊くわけで、メールを交換していて「この人いい感じ〜」だと、今度二人で会いましょう…となるわけです。冷静に距離感を保ちながらも対象に対して一歩近づいてみたいと感じる感覚、これが「をかし」の感覚です。

これを応用していくと、「更級日記」に見られる「をかしげなる猫なり」が解釈可能となります。「一歩近寄ってみたくなる猫ってどんな猫?」=「かわいい猫」となります。

このように、従来の意味の「かわいい」に該当する「をかし」はもともと存在するわけですが、多分その番組では「かわいい」の多義化を話題にしていたものと思われます。従来の「かわいい」に当てはまる古語は「かなし」あたりになるでしょう。「弱いもの・小さいものに対する愛情」と見ていいと思います。

ところがここ15年くらいでしょうか、特に若い女の子の間で、例えば「かわいいおじさん」みたいな表現が見られるようになってきました。弱いもの、小さいものという定義から言うとしっくりこない表現ではあるんですが。

まだこの例などはまだ対象に「見出した弱さに対する好感」と考えれば説明がつかなくもないんですが、「かわいい」の原義がかげも形もなくなっているような表現もあったりします。

ここまで見てきたように、「『をかし』のイメージ」と「『かわいい』の多義化(=ニュアンスの平板化) を鑑みると、「いとをかし」を「超かわいい」と解釈することで原文のニュアンスが最も的確に捉えられる可能性は、もちろん文脈にも依るんですが、十分にあると思います。

ただ、解答に口語表現はあり得ないでしょうから、採点としては○には出来ませんけどね。
posted by らくた at 23:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 道楽人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
受験が終われば、トイレに貼られている古文の表(娘オリジナル(笑))が外せるのでしょうか。
我が家のトイレは、英語の微妙な表現や、日本史なら古墳の場所やそこに入っている人なども覚えられます。(笑)
Posted by マヤ at 2006年01月22日 01:12
>マヤさん

ほうほう。娘っちは日本史選択ですか。池袋の日本史の担当は僕です(笑)。さっき日本史の問題を解いたんですけど、センターの日本史は他の私大の出題傾向と比べてどんどん特殊な方向に向かっていってる感じがするんですよね…。国公立以外の受験者であれば、センターと一般の両立って結構大変だと思うんですよね…。

いずれにせよここからが本番ですから、しっかり頑張れるように応援してあげてくださいね♪
Posted by らくた at 2006年01月22日 02:33
娘の場合、受けるかどうか迷っていましたが
塾の先生のアドバイスもあり、センターは一般入試の予行練習?のつもりで受けたようです。
3教科だけなので昨日だけ受けました。
でも結果として、受けてよかったと言っていますよー。
昨日の日本史は確かにイマイチだったようです。(笑)
Posted by マヤ at 2006年01月22日 13:15
共通一次を2回受けた私が来ましたよ(笑)

その昔ダメ家庭教師だった頃
古文を教えるときにこの手の訳をよく使いましたよ。
何せ相手が日頃タバコぷかぷかの極悪中学生数人。小難しい講義をすると付いてこない。

たとえば「わろし」→「かっこわるくてダサッてこと。オレの美学には合わないぜってこと。」
「うつくし」→「ビューティじゃない。どっちかっていうとプリティとかキュートってこと。
いい女っていうよりは子供の可愛さ」

で、いとをかしをなんて訳して教えたかと言いますと、
「これすっげー良い感じってこと」
(今だと「チョーイケてる」になるんですかね。)

彼らにはわかりやすいと好評だったのですが、
私のようなカテキョが日本語をダメにするのかも・・・(トホホ)

これでも若い頃、なんでも「チョー可愛い〜」
って言って済ませてる女見ると跳び蹴り食わせたろか、と思ってたんですけどね・・・
Posted by 千恵ちゃん at 2006年01月22日 23:17
>マヤさん

私立センターの場合、最後のツメに何をしたらいいかの最終チェックがセンターの目的って考えていいと思います。おそらくセンターの結果を受けて、これから何をやるべきかは見えてくると思いますよ。

>千恵ちゃんさん

あ…俺も共通一次2回受けてる…共通一次時代のくせに3教科しか使ってないけど(笑)。

でね、生徒に分かりやすくするために噛み砕き過ぎるのもよくないといえばよくないのかもしれんですよ。確かに考える力は育たないですからね。ただ、僕らの教えることは「考える以前」の仕事なんですね。僕は「考えてみたい」「知ってみたい」と思わせたところで仕事の90%くらいが終わってると思うんですよ。

「わろし」が「俺の美学に合わない」だろうが、「をかし」が「いい感じ〜」であろうが、自分が本当に理解したこと、それなりに納得できること、そしてそれを理解する過程を伝えるだけでいいんじゃないでしょうかねぇ。「べき論」は公教育にお任せしますよ、僕は。
Posted by らくた at 2006年01月24日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12045287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。