2006年03月18日

昔の名前で出ています?

今日は朝から風が強く、電車があちらこちらで遅れてました。で、会社の最寄り駅のホームの電光掲示でも、あっちこっちの路線の遅延情報が伝えられています。するとその中にこんな案内が…

【一部運休】東金線は国鉄千葉動力車労働組合のストライキにより…

あ…一時は千葉動労ってかなり聞いた名前ですが…まだ活動してたのか…。そもそも国鉄がJRになってかれこれ20年近く経ちます。来年には平成生まれの大学生も登場する訳で…昭和は遠くなりにけり…。

「戦争を知らない子供たち」って言葉には僕は何のリアリティーも持ちません。そもそも僕は「戦後」すら知らない世代な訳で…。

しかし「国鉄を知らない子供たち」が、そろそろ成人を迎える世代になってきているんですよね…。僕にとっては何とも言えないリアルな響きです。

こうやって段々と歴史の生き証人になっていくんでしょうか…。
posted by らくた at 03:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりです!!

私も戦争は知りませんが、戦後間もない生まれですので・・・
平成生まれの我が家の長男・次男にはロックの歴史と戦争の愚かさを伝えております!(笑)
Posted by チューサン at 2006年03月18日 16:00
>チューサンさん

ご無沙汰してます。

ロックの歴史と戦争の愚かさ、すっと語り継がなきゃいけないものですよね。
Posted by らくた at 2006年03月19日 00:15
金曜日、東京経由で仙台に行ったのですがやはり風で電車遅れてました。
Posted by koro83018 at 2006年03月19日 17:22
こんにちわ!風が強いのは春が近いせいですよね。そろそろ桜も咲いたりする季節ですか。私は戦争も国鉄も幸か不幸か情報としてしか知りませんが、移り行くことは人の心を動かしますね。残念なことに、ここには移り行くことがあまりありません。。。

Posted by えり at 2006年03月20日 04:01
各鉄道会社の出札窓口には、既に数年前から『硬券』という言葉を知らない
若い社員さんが働いています。
初めてそういう若い係員の応対を受けた時には、ショックを受けましたが、
今ではもう慣れました。 (^^)
Posted by YS@携帯より at 2006年03月20日 16:10
>koro83018さん

かなりひどい風でしたからねぇ…。風が強いと「むふふっ(はぁと)」ってことも稀にあるんですが、逆に頭髪偽装の人は一瞬たりとも気が抜けないとかいう話で…。ただこの季節の風は花粉症の人が一番つらいですね…。

>えりさん

変化が速すぎるのに、それでも変化の先を行くことが求められる僕らから見たら、コペルニクス的転回だろうね…。季節の移り変わりを感じられないのは残念だけど、そこには近代という時代がどこかに置き忘れて来た「時間のない時間」の名残があるのかなぁ…などとちょっと見てみたい気がする…。

>YS@携帯よりさん

「硬券」が鉄道関係者に通じない時代が来てるのか…(遠い目)。そのうち「切符」って言葉が消えるんじゃないかなあ…。三社乗換えの通勤してて、定期はまだ西武しか買ってないのに、切符は全く使ってないからなぁ…(-""-;)。
Posted by らくた at 2006年03月21日 12:12
うおお。私も「硬券」って言葉を初めて聞きました・・・・・。
もちろん、昭和の生まれなんですが(笑)。
Posted by gym at 2006年03月22日 06:22
>gymさん

昔駅の出札窓口で天売で売られていた堅い乗車券を「硬券」といいます。僕がこの券をコレクターズアイテムとしてでなく見たのは1980年が最後でしたから、gymさんだとあまり記憶に無いかもですね。いや、そもそも「硬券」ってことば自体は鉄道関係者または鉄道趣味者以外にはあまり知られていないかも知れませんね。
Posted by らくた at 2006年03月22日 12:23
【訂正】
上記コメント一行目「天売りの」→「手売りの」
Posted by らくた at 2006年03月22日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15007673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。