2006年01月28日

何故か…

お気に入りのバスのデザインのカウンターが消えている。

カウンターをレンタルしてきたページへ飛ぼうと思っても何故か飛べない。同じところのカウンターを使っているはずのkoro師匠やTsutom。さんのところもカウンターが表示されていない…。何故だろう?

一時的なトラブルであって、サイトごと消滅しちゃったんじゃないことを願う…(-""-;)。
posted by らくた at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

帰り道

池袋駅で、今日は別の教室で働いていた部下とばったり出会います。

地元に戻ってきて、友達にばったり会い、声をかけられます。

まぁ、こういう日もあるわけですね(笑)。
posted by らくた at 02:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

困った…

新しい携帯の使い方が把握しきれない…。
posted by らくた at 23:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

死の実感

以前話題にしたこともあるんですが、父方の伯父が癌になりました。当初は大動脈の周りに癌が出来て…ということだったんですが、その部分については抗がん剤で相当改善され、状況は好転したかに見えたのです。ところが、一昨日のエントリーにもあるように、父親からその伯父が亡くなったという連絡があり、一昨日から昨日にかけて、仙台の近くの某町へ行ってきました。

新幹線を降り、伯父さんの家まで駅から歩いていきます。去年車で来ていますから、道が分からなくなるということはありませんでした。お通夜は6時からだったのですが、僕が着いたのは6時半頃。外からもお経をあげる声(どうやらマイクで増幅されているようだ)が聞こえてきます。まさにお通夜の真っ最中…これ以上ないというくらい悪いタイミングでの到着です。

家の前で中の様子を見ながら待つこと数分、父親が僕に気が付き、お経の途中から部屋に入っていきます。読経が終わるとお坊さんが話しを始めます。そのお寺さんで使っている竹箒が伯父が作ったものなんだというエピソード。とにかくまめで手先が器用、律儀な伯父の生前が偲ばれるエピソードでした。

さて、法要が終わります。翌日の予定が説明されます。亡骸は翌日の朝早く自宅から火葬場に送られます。翌日僕は仕事のため、お通夜に出たらそのまま深夜バスで東京に戻るつもりだったんですが、その時間だったら出棺のお見送りは出来るな…と、親戚の家に止めていただくことにします。

その後、酒食が振舞われます。父方の親戚は殆ど飲めない人たちです。僕は従妹の旦那さん(この人はかなりの酒飲みらしい)と飲みながら話していました。他愛のない話の中に、時々故人を偲ぶ話題がでてきてました。おじさんの家族の皆さんは何やら忙しそうです。

さて、この日は両親と共に伯母の家にお邪魔します。翌日の朝は5時半には起きなければならないので、早めに床に就きます。

翌朝、いい天気です。「東京は雪」というニュースを見ながら、うちの生徒たちはきちんとセンター試験の会場までたどり着いてるんだろうか…などと思いながら朝食を頂きます。本家の車が迎えに来て伯父の家に向かいます。

7時半過ぎくらいだったでしょうか、出棺の「お勤め」が始まります。無宗教の僕も何やら手を合わせます。別に僕は自分のために手を合わせることは決してないし、誰も僕のために祈ってくれなくてもかまわないんですが、それが伯父さんのためと言われればやはり手を合わせます。

「お勤め」が終わった後、棺の中に花を捧げます。明るく陽気な伯母さん(伯父さんの奥さん)、淡々とした口調で話す伯父さんの長男、しっかり者の伯父さんの娘…皆泣きながら、亡骸に言葉をかけながら花を手向けます。決して伯父さんにその言葉は届いていないはずなのに…。

僕も花を手向けに行きます。眼鏡を外して表情もすっかり消えた伯父さんの顔は、20年前に逝った祖父の晩年の顔にそっくりでした。そして、癌の手術のために手術台に載せられて運ばれていった僕の父親(幸い癌は今のところ治った様子ですが)の姿がオーバーラップしてきます。そして泣き崩れる伯母さんと僕の横にいた母親の姿が、従姉の姿が姉の姿に重なってきます…。

伯父さんの死というものを、僕は残された人への幾らかの共感みたいなものでしか感じることが出来ませんでした。遠くに離れて暮らしていることもあるんでしょうが、伯父さんがいなくなったという感覚は最後まで分からないままだったし、この世を去っていく伯父さんの心中は察することが出来ないままでした。多分まだ僕の中では伯父さんは生きているような気がするんです…。

最後に家から霊柩車まで棺を運びました。霊柩車の扉が静かに閉じられます。それでも伯父さんがいなくなったということが僕には分かりません。


そのまま僕は東京に帰ってきて仕事です。いつもと全く変わらない一日が過ぎていきました。夕方、ひと仕事終わったところで携帯にメールが入りました。父親からです。

「去年お前がお見舞いに行った事を、伯父さんがとても喜んでいたと、従姉が言って居たそうだ」
posted by らくた at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

実感はないんだが…

朝、目が覚めると父親からメールが入っていて、メールに曰く

(タイトル)連絡

>18日午後10時46分に亡くなりました。
>暮れに肝臓への転移が見つかり入院していました。
>昨日見舞いに行って昨日う帰ってきたばかりでした。

あの…これって、主語がないので、寝起きの頭ではさっぱり意味が分からないんですが…(^^;。うちの父親、普通に書けばそれなりにまともな文章は書けるのですが、何故かメールになると言葉がたどたどしくなるんですよね…(笑)。

目が覚めるにしたがって、去年癌のお見舞いに行ったおじさんがなくなったのか…?と見当がついてきました。

電話をしてみるとやはりそうでした。あの伯父さんですから、やはり葬式には顔を出したいかと…。ただ明日はセンター試験、あれこれ仕事の始末とかもあるのでひとまず出勤。

2時に部下が到着。関係各所に連絡。3時前に終了。途中電車の遅延等もありましたが辛うじて予定通りの電車で大宮出発です。
posted by らくた at 16:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

超大作

こんなタイトルのアルバム、KANSASが出してましたねぇ…ウナヅイテクレルヒトイルノカナァ…(汗)。

ところでらくた、昨日・一昨日と、ブログの記事を書こうとすると、何故か「超大作」ならぬ「長大作」ばかりを書こうとしてしまうんですね。いや、確かに書きたいことはあるんですが、困ったことに最後まで書き終わる前に挫折するんですね。

出来上がらない名文は、出来上がった駄文に劣ります。そもそも名文などかけないらくた、こんな時は内容がなくてもいいから短い文章をまずは仕上げて調整です。

うちに帰ったら久しぶりにKANSASを聴こう…なぜKANSASなのかはよく分からないんですが(笑)。
posted by らくた at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

レコーディング

今日は昼間から自宅でPOPLAB-RECORDSのコンピ用の作品のレコーディングです。

今度の土・日はセンター試験当日ですから朝から出勤予定。提出期限は20日ということになっていますから、何とか今週中にまとめてしまいたいと思い、ぱんち君を呼び出してレコーディングです。ぱんち君持参のVARIAXとPOD-LIVExtでギターアレンジと録音です。今日は僕は全く弾いていません。

POPLAB-RECORDSは、従来の形でのコンピは今年で終了となりますので、今年は結構気合が入っていて、今までの僕の作品とは一風変わった新作を発表しようと思ってあれこれやってみました。また今回は「ウスバカゲロウ」名義で発表することを前提に作った曲ですから、ぱんち君のギターの「見せ場」も結構あっちこっちに作ってみました。

作り出した当初はちょっとサイケデリックなイメージのロックを目指していたんですが、いじっているうちに8ビート主体のリズムが16ビートノリに変わり、ちょっとファンクな方向に行くかと思えば、今日はギターを録っているうちにギターソロの16小節のうち8小節が何故かガットギターになったり…「この曲のジャンルは?」と訊かれたら「ギターカオス」と答えることにしました(笑)。最終的には今日すべてのパートは録り終わらなかったんですが、大体着地点は見えてきました。出来はどんなものになるかはこの後の処理で決まってきそうですが、出来はともかく、僕的には新しい試みがかなり詰まった作品になりそうです。

「従来型の最後のコンピ」は、終わりではなくてこれからの始まりじゃないかと思ってます。さて、詰めの作業、頑張らなくっちゃ♪
posted by らくた at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

百均にはいろいろ売っていて…

image/rakuta-2006-01-12T23:51:00-1.jpg

こんなものまで売っている。シメて200円也(笑)。
posted by らくた at 23:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

最近…

携帯の電池のもちが以上に悪い。会社に行く前に充電して、会社で充電して、それでいて帰り道にまた切れたりすることがある。

携帯って、電池がだめになる頃には機種変更する習慣があったのですが、vodafoneの方がauの頃よりも機種変更が安かった…もう少し正確に言うと、1年以上使っていればちょっと古めの機種に必ず機種変0円のものがあったんですよね…それがauだと存在しないんですよね…。

電池だけ買い換えるかなぁ…。
posted by らくた at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

新しいダジャレはダジャレー・ヌーボ

(問題)東海道線で東京から西に向かっていた凶悪犯、横浜駅で乗り込んできた警察官に次の停車駅で逮捕されました。さて、捕まった時に凶悪犯は何と言ったでしょう?(模範解答例)
posted by らくた at 16:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つまらないダジャレを言うのはダレじゃ?

(問題)東海道線沿線で物価がとても安いのはどこの駅?(答え)
posted by らくた at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

駅で見かけたのだが…

おねぇさんが一人、「タウンワーク」を食い入るように立ち読みしています。

何でだろう…。



無料なのに…。
posted by らくた at 00:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

あっ…

ぼーっとしてたら昨日更新し忘れてました。忙しいときの方がかえって忘れないんだよなあ…。
posted by らくた at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

2着のチームの監督にインタビュー

いつ頃からか、正月の風物詩が「駅伝」になってるんですよ。元日の夜にニューイヤー駅伝の結果を聞いて、二日の朝起きると箱根往路の後半を見る。三日にまた途中から見るわけですが、権太坂→横浜駅東口→鶴見中継所なんていう地名を聞きながら、やっと年が明け、翌日から仕事…これがまだ正月がいくらか正月らしかった時期の正月の過ごし方でした。

ところが今年はニューイヤー駅伝から見てしまいました。もちろん勝負は面白かったのですが、それ以上に面白かったシーンをご紹介します。

一位でコニカミノルタが入って、暫し後に中国電力がゴールテープを切りました。その時に中国電力の監督さんが映って、アナウンサーが「穏やかな表情の下に悔しさがにじみ出ています」みたいな内容のことを言いました。

さて暫し後、中国電力の監督のインタビューが始まります。

アナ「感想をお願いします」

監督「よく二位に入ってくれたと思います」

アナ「……(計ってはいなかったが3秒くらいの空白)……」

監督「(コニカミノルタに)1区、2区であれだけ飛ばされたら…(以下略)」

アナウンサーの頭が真っ白になっているのが手に取るように分かりました。「悔しい」とか、それに類するコメントが出ることしか考えていなかったんでしょうね…テレビの前で一人で大爆笑しておりました。

まあこれはかなり決定的なミスですね。報道なり放送なりがある予断のもとに行われていることを、はからずも露呈してしまった出来事じゃないでしょうか。もちろんこのシーン二度と流されることはないでしょう。「珍プレー」として扱うには、放送局にとってあまりにシリアスなミスだからです。

報道がコミュニケーションの一種である以上「中立でない」「予断を含んでいる」のは仕方のないことだし、むしろ報道とはそもそも中立であるはずがなく、必ず何らかの仮説を含んだものであると考えるべきでしょう。

むしろ問題は、報道機関が自らを「報道は公正中立である」「報道は予断を廃して事実を伝えることである」と位置づけていることじゃないかと思うんですよ。

世の中、出来ないことは出来ない前提で始めた方がいいこともあるんじゃないかと思うんですよね…。
posted by らくた at 15:13| Comment(9) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

何やら…

ものすごく疲れてます。寝ます。おやすみなさ〜い。
posted by らくた at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

帰り道

いつも行くモツ焼き屋さんに寄りました。一通り食べて飲んだあと、マスターにあいさつをしに行きます。

「来年もまたよろしくお願いします」

来年はもうここにはいないんだよね…。
posted by らくた at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

年の瀬

この仕事をしていると夏がものすごく短く感じます。六月くらいに夏期講習会の準備が本格化して、七月にはいると期末試験、息をつく暇もなく夏期講習会が始まり、一息ついた頃には秋風が吹き始めています。

「新年」もこれとほとんど一緒です。気の早いクリスマスイルミネーションが灯る頃には冬期講習会の準備が本格化して、師走に入ると期末試験、そのまま冬期講習会…気がつけばクリスマスイルミネーションは町から姿を消しています。

それでもいくらか冬の方が季節感を感じるのは、酔った団体さんの嬌声がビルの谷間にこだましているのを聞くときでしょうか。

池袋二回目の冬。ここで過ごす年末もひとまず今年で終わり。一人帰り道、トボトボ帰ります。
posted by らくた at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

今日これからの予定

仕事は終わりました。今日は夜から打ち合わせがてら隣の教室に行ってこなくてはいけないんですが、ちょっと時間が空きました。

通り道にはお茶の水があるんだよな…フフフ。
posted by らくた at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

誰かに似てる…

この前、ちょっと白髪が目立ってきたので茶系のヘアカラーで染めてみました。あまり茶色くはなりませんでしたが「言われれば分かる」程度には染まりました。

ついでですので髪を切りに行こうかとも思っていたのですが、なかなか時間がなくて切りにいけません。そこではねる癖っ毛をごまかすため、ハードセットのヘアスプレーでセットしてみました。

鏡を見ます。首を少し左下に向けて鏡に映すと、誰かに似てます…誰だ…?あ、今話題の某建築士ですね!ちょうど遊びに来た卒業生に「似てねぇか?」と聞くと「この前の証人喚問の時に見て、そう思ってた!」と即答。しかし相変わらずインチキ臭いやつに似てるなぁ…。けど僕が似ていると言われた中ではMALTAについでましな方です(涙)。

ただ、僕は頭髪偽装疑惑はありませんので…念のため(笑)。
posted by らくた at 03:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

まあ、入らないけど(笑)

メシを食おうと池袋を歩いていると「キャバレー・○○ウッド」という看板を見つけました。ところがその看板、よく見ると横にこんなことが書いてあります。




「レトロキャバレー」




(´・ω・`)???




考察の結果、考えられる選択肢は3種類…

1.雰囲気がレトロである
2.女の子の格好がレトロである
3.ご相伴いただけるご婦人方そのものがレトロである


正解が3.であるか否かを知るために入ってみたいが…正解であったら多分立ち直れません…。

関連記事
posted by らくた at 23:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。