2005年12月20日

こういう記事が…

出るとは思ってたんだけど…。今週号の週刊ポスト誌の中吊り。


多発する事件は示談で闇から闇へ
「ロリコン・変態」塾講師の鳥肌事件はこんなにある


まあ、要するに社会派の皮を被ったエロ記事なんだろうが…同じレベルに降りての喧嘩はやめておこう。
posted by らくた at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

これは…

image/rakuta-2005-12-18T03:03:10-1.jpg

どうなんだろう…俺はあんまり乗りたくないなあ…(汗)
posted by らくた at 03:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

ついに開始…

泣けてきます…。続きは後で書きます
posted by らくた at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

ボーナス

すずめの涙がまたさらに猫の額にばら撒かれて蒸発した残り程度ではあるんですが(全く分からんたとえですが、要するに「ものすごく少ない」と言いたい)ボーナスが出ることになりました。今日は休みだったので、ボーナスを当て込んで、ひとまずサラリーマンの必需品、スーツを買いました。

見た目から考えると、服なんていうのは自分の裸体を隠し、寒くなければ何でもいいんじゃないかというふうに見えるらくたですが、実は結構服装にはこだわりがあるんですね。っていうか、好き嫌いがものすごくはっきりしていると言うか…。例えばスーツについて言うなら

1.2つボタンである
2.生地に柄が入っていてもかまわないが、あまり目立たないこと
3.ズボンは基本的に2タック
4.背中は出来ればサイドベント
5.冬物の場合、色はチャコールグレー、濃い茶色
6.安い(笑)

で、紳士服やさんに行くわけですが、あれこれ見ていくと結局どれも文句があったりする。まずは特価品から見ていきます。これもダメだ…あれもダメだ…と探していくわけですが、なかなか見つかりません。ああでもないこうでもない…と見ていくと、「これだ!!」というのが見つかります。

値札を見ると大抵予算オーバーです(涙)。

で、いくつかの項目は妥協するのですが、最終的に妥協しないポイントは…値段です(キッパリ)。

ケッキョクアンマリコダワリハナイノデハ…(汗)。
posted by らくた at 02:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

水戸黄門

今日は月曜日、水戸黄門の日ですね。勿論普段は見てません。

ただ、今日はある興味から、わざわざ友達にビデオを取ってもらってあります。何故って、確認してみたらやっぱり水戸黄門はナショナルの一社提供だったんですよ。だとすると今日のコマーシャルはどうなってるんだろう(詳細は先日の「怖いCM」の記事を参照ください)?不謹慎ながらやっぱり興味はあるじゃないですか。

ちなみに予想されるパターンは3つで、

1.ひたすらファンヒーター回収のCMがくり返し流される。
2.ファンヒーター回収のCMと、宣伝自粛の時によく出てくる「公共広告機構」のCMが代わる代わる流れる
3.ファンヒーター回収の広告が一回流れて、その後はフィラーに変わる

さぁ、どれだったんでしょうか…まぁ、どれにしても夜中に一人で見たくはないな(汗)。


(注)フィラー…テレビやラジオで、万が一CMに切り替わらなくても画面や音声がなくなって放送事故にならないように挿入してある画像や音声。ちなみに水戸黄門に挿入されているフィラーはCMに入るところのジングル(テレビの場合もジングルっていうのかなぁ…)と同じ画面が挿入されています。一回昭和天皇崩御後の「CM自粛」の時に見たことがあります。
posted by らくた at 00:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

あれっ?

やっぱり雪だ…。寒いはずだ(-""-;)。
posted by らくた at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖いCM

独り者のらくた、テレビを見ている(もう少し正確に言うとテレビを垂れ流している)時間はかなり長い方です。ホラー映画とか怪談なんかはそんなに怖いと思わないんですが、時々妙に怖いCMがあります。

公共広告機構のCMには何か怖いのが多いですね。他に、ご覧になったことがある方はお分かりいただけると思うんですが、フジテレビの放送終了前だったか、麻薬防止と違法電波防止(?)のCMも怖いですね。

どうも僕が怖いと思うCMは、動きが少なく、割と小さな悪意とか脅威を語るCMという傾向があるような気がします。小さいだけに身近に感じられます。

また普段は動きのある陽気な、キャッチーな…そうでなくても最低限、内省や断罪、懺悔とは無関係な画像を流し続けるテレビが、突然非日常の世界に飛び込んでいき、自分もそこに引き込まれていくような感覚。

そういうCMを何の心の準備もなく見てしまった時って、振り返ると誰か見知らぬ人が自分の後ろに立っている気がするっていうか…そんな怖さを感じるんですよね。

何でこんな話を始めたかって、今日、何だか立て続けに「ナショナルのファンヒーター回収について」のCMをやたらと見たんですよね。このCM、最初にいきなり

「古いファンヒーター探しています」

とかいうアナウンスから始まるんですよね。

「死亡事故が起こることがあります」

なんて淡々と言われても…。

以前サンヨーか何かでも同種のCMを流したことがあるらしいんですが、こっちはブルーバックに白抜きの文字で、ほとんど画面の動きもものすごく少なく、淡々と事情説明、対象機種、お詫びが流れるCMだったそうです…見た記憶はあるようなないような…なんですけどね。

ところで今、松下の一社提供の番組ってあるのかなあ…水戸黄門やってるのかなあ…やってたらCMがどうなってるのか見てみたいような見たくないような…(笑)。
posted by らくた at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

昨日から…

ez-webの調子がすこぶる悪い。調子が悪いのか回線が混んでいるのか分からないがとにかく繋がらない。

これじゃあ繋ぎ放題定額制の意味がないじゃないか。ったく、ウィルコムに乗り換えようかな…←前から言ってて実は微妙に本気。
posted by らくた at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

あ…

フルハウスやってる…。またやってるのか…しかし夜の七時から、このゴールデンタイムのど真ん中、NHK教育見てる人ってかなり珍しいんじゃないかなぁ…(笑)。
posted by らくた at 19:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

日曜日が、気がついたら終わりつつあります…一日寝てました…(汗)。
posted by らくた at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

朝から会議、朝まで宴会(予定)

まあ僕は午前中から活動を開始すれば「朝から」なんですがね(笑)。今日はちょいと重要な会議でした。っていうか、かなり重要な会議ですね。

ところで最近某同僚がしおれてます。まあ中間管理職、何かとストレスが多いわけですね。しかればいくらか元気づけに行って差し上げようと、甚だ余計なお世話ながらこれから飲みに行くことにしました。

この先らくた、ちときつい仕事が待っているので、間違いなくしおれる予定ですから、元気なうちに人を元気づけておいて、こちらが元気がなくなったら元気づけてもらおうってハラです。まあ要するに「元気の預金」みたいなものですわ。

まあそんなわけで、行ってきます。
posted by らくた at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

意地を張ることは時として要領が悪くなることを意味する(笑)

改造屋さんのブログへ行ってみたら四字熟語パズルの話が載ってました。

ブログを見る前にまずはチャレンジ。レベル7まであります。

さぁ、格闘開始!(笑)


ところで、らくたは商学部経済学科出身です。それなのに卒論は日本史近代政治史です…言い訳としては「日本近代経済史」をやっていたことにはなっているんですが…(汗)。さらに複雑なのは主な担当教科は「国語」だってことなんですね。まぁ、塾屋の場合大学で何をやっていたかということとは別に、自分の受験での得意教科を教える場合は多いんですが…。ところがまた微妙なのは受験のときの「自称・得意教科」は英語だったんですね。

僕が国語を教えるようになった理由は、「英語の講師希望者は多いが、国語を希望する講師は少ない。理系教科に比べると授業時間数は多いから国語の講師が一番仕事は多いはずだ。したがって国語が一番稼ぎやすいはず!」ということだったんですね。実際この考え方自体はそう大きく間違えていない感じがするんですね…この辺の考え方は経済学っぽいんですが(笑)。

しかしどこかで自分が「国語学や国文学の専門家ではない」というコンプレックスは持ってるんですね。僕は生徒に「俺は文学部じゃないよ」っていうのをはっきりと言っちゃってますから、それだけに生徒に質問に「分からない」って言う言葉が禁物になるんですね。学問的には門外漢でも仕事に必要な知識だけはきちんとつけてきたつもりなんですよ。

そんなわけでこのパズルも必死です(笑)。


格闘すること概ね30分。何とか1回でクリアすることが出来ました…(ふぅ…)。

ただ、考えてみると、誰も見てないんだから「へへん、こんなの簡単にクリアできたぜっ!」ってコメントしとけばよかっただけか(汗)。
posted by らくた at 02:08| Comment(13) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

国会中継

珍しく国会中継なんかを見てました。マンション強度偽装問題の参考人質疑です。

誰にどんな責任があるんだかさっぱり分からない質疑でした。結局のところイーホームズとヒューザーの責任のなすりつけ合いみたいな感じでしたね…。姉歯建築士は欠席だったわけですが、これで彼が出席していたら、三つ巴の仁義なき戦いが繰り広げられていたことでしょう。

今回の審議ではヒューザーの小嶋社長が激昂するシーン(『恫喝する悪役』のイメージを裏付ける映像として今後活用されるであろう)もあり、ワイドショー的にはネタ満載の委員会審議でしたね。

今回の出来事の「本当の被害者」は、おそらく僕の世代が多いでしょう。僕のような「世捨人」みたいな人間とは違って、家族もあり、たくさんのものを背負いながらも前向きに生きていこうとしている人々が、自分の終の住処を手に入れるために一世一代の決断をしたことによって被害者になった。最近僕の弟や何人かの友達もマンションを買いました。幸い今のところ僕の身近な人には被害者はいないようですが、この事件の報道を見ていて、被害者のみなさんの気持ちは僕なりにリアルに感じているつもりです。

結局この審議に呼ばれた人々は、責任の多寡については議論の余地があるにしても、みんな所詮『共犯』です。共犯者の中で誰が一番悪いのかをわざわざ国会で議論しても何になるんでしょうか。「本当の被害者」皆さんの当面の生活を保障する方法を先に議論するべきではないでしょうか。


被害者の皆さんの気持ちは推し量りつつも、ちょっと余計なことを言います。


小嶋社長が答弁の中で「経済設計、コストダウンが悪いなら、不経済設計、コストアップをしろって言うんですか?!」ということを叫んでいましたが、ひょっとすると僕はそういう選択肢もありうるんじゃないかと思います。

「効率」を上げるには「人の顔を見えなくする」ことが必要です。以前「弁当屋のオバサン」の話で書いたこともありますが、接客は相手を「顧客として平等に扱う」ことが大事なこととされ、個人的な親近感とかいったものは経済効率の社会の中では「無駄」として否定されます。しかし、好むと好まざるとにかかわらず「経済的存在」として生きていくしかない僕ら現代人も、所詮「人間」なんです。仕事へのプライドは「人とのつながり」の中で感じ取り、「人に支えられること」で保ちうるものなんじゃないかと思うんです。しかし、仕事がすべて「お金のやり取りのシステムでしかない」というところに収束していけば、どんないい加減な仕事でも出来ます。「人の顔が見える」ようにした結果としての「不経済設計」「コストアップ」というのは、それによって「いい仕事」が生まれるのであれば、ひょっとしたらありうるんじゃないか…そんな気がするんです。

「効率の向上」と「昨日よりよい明日が来ること」を前提とした「経済の時代」は既に行き詰まっているんじゃないんでしょうか。経済がどんどん人間を置き去りにしていっている…人間が作り出し、人間の幸福を担保するはずの経済が人間をコントロールする怪物になっていっているような気がしてくるんですね。この事件だけではなく、JR西日本の事故のときもそうでしたし、現代社会のさまざまな場面で感じるんです。

前に大学の先生と話したときに先生が言った言葉が、こういうとき何度もフィードバックします。

「ノーベル賞だって、優れた研究が表彰されているとは言え、結局は『進歩』っていうパラダイムの中での話に過ぎないんだよね。個人の成長っていうことまで否定するつもりはないけど、『自転車に乗ったまま止まれる』ようなパラダイム転換が出来るような方法を社会として探していく必要があるんじゃないかな…。」

それが「経済」という怪物からヒトを解放し、「人間」を取り戻していく唯一の方法のような気がするんです。それがものすごく難しいことなんだろうな…って言うことは重々分かってはいるんですけどね。
posted by らくた at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らくたはseesaaユーザーですが…

某社のブログが、予定時刻をすぎてもメンテ中。あちこち拝見してから寝ようと思ってたのに…。
posted by らくた at 06:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

そういえば昨日の話

昨日の飲み会の話ですが、らくた、仕事だったので当然遅れて参加ということになるわけです。居場所を聞いたらくた、一人そこに向かいます。

当該のビルに着くとエレベータに乗ります。一緒に乗り込んだのは30代初頭くらいの酔客の集団で、エレベータはほぼ満員。ドアを閉めようとすると、礼服を着た中年男性が

「おい、俺もエレベータに乗るんだよ!」

と叫びました。それをを聞いたエレベータの中にいた酔客たちの醸し出す微妙な「殺気」というか…不穏な空気が流れたのですが、礼服を着た男性もさすがに気がついたのでしょうか

「何だ、満員か」

などと言って乗って来ようとはしませんでした。エレベータの中にいる酔客たちは普通の「やや若めで善良な中年の集団」でしたから、この場は事なきを得ました。

上っていくエレベータの中で酔客のリーダー的存在と思われる人物が話し始めます。

リーダー「あれ、間違いなくけんか売ってたよなぁ?おまえ、そう思わないか?」

取り巻きA「うん。思う思う」

リーダー「B、どう思う?」

取り巻きB「あぁ、間違いないね」

すると酔客のリーダーはいきなり僕の顔を見て話しかけてきます

リーダー「あれ、けんか売ってたよね?おじさん!

もちろんその場はあいまいな微笑でやり過ごしたんですが…

おいおい、お前ら年代の奴等におじさんといわれる筋はないぞ!

続きを読む
posted by らくた at 03:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が付いたら最近ブログに写真を解禁していたらくた…

まあ堅いことは言いっこなしで(笑)


image/rakuta-2005-11-28T01:30:10-1.jpg


某所で見つけた床屋さん。お友達に「まきづめ」さんとかがいそうな、何だか痛そうな名前ですね…。
posted by らくた at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

♪仲間仲間仲間〜♪

今日は仕事終了後、品川まで行ってビール三杯一気して帰ってきました(笑)。久しぶりに会う大学の後輩たちと飲んできました。

僕は卒業した次の年の後輩までは、毎月横浜に会議に行く帰りに部室に顔を出していたので知っているんですが、その次の学年になると名前くらいしか知りません。今日はその次の代までいたんですが、さすがに四年も留年していたためか僕は結構有名人らしく、連中は僕のことを知っているようです。何だか不思議な感覚ですが、まあいっか。

また飲みましょう♪
posted by らくた at 00:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

片づけの後ですが

image/rakuta-2005-11-26T02:05:57-1.jpg

いい年して、会社の机がこうだって、どうなんだろう…(笑)。
posted by らくた at 02:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

久しぶりに

飲んでもいないのに電車で寝過ごしました。幸いまだ上り電車もあったので引き返すことが出来ましたので事なきは得たんですけどね。電車の中があったかかくてよく眠れる季節が来ましたねぇ(笑)。
posted by らくた at 03:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

この前から気にはなっているんですが…

Seesaaのブログには、アフィリエイトって言うんですかね?要するに僕のブログの記事にSsssaaが強制的に(笑)広告みたいな奴を挿入する。それをクリックして、商品を買ったりアンケートに答えたりして下さった読者の方がいると僕にお金が入ってくるらしいんですね。

投稿画面に入る前に、この成功報酬額が表示されてるんですが、時々金額が増えているんですね。今月は19円増えているようです。ただ、これを受け取るためには銀行口座を登録しなきゃいけないらしいのです。もともと金儲けをするために作ったブログでもないわけですし、100円かそこらのためにネット上に口座番号を入力するのも嫌なので、受け取ることなく権利消失していくものと思われます。数字だけを楽しむことにします(笑)。

それより気になるのが、どんな人がどんな商品をクリックしてるんだろう…っていう点なんですね。このブログって特別なテーマがあるわけではない(一応「音楽系日記ブログ」のつもりなんですが、そう主張するにはいささか無理がある…)ので、特に「広告価値」っていうものもないわけです。このブログを検索してくるキーワードで最も多いのが最近「モツ煮込み・作り方」とか「佐世保バーガー」あたりですね。ちなみに前者のキーワードをYahoo!Japanで検索するとトップに表示されます…ここは「食ブログ」ではないつもりです…念のため(笑)。そうすると「家庭で簡単!モツ煮込みセット!」とかの広告を置いておくと、実は結構売れるかもしれないんですが、そんな広告がある気配もありません。どっちにしてもわざわざ銀行口座を入力したくなるほどの儲けはないでしょうけどね(笑)。
posted by らくた at 03:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 徒然人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。