2005年02月22日

佐世保バーガー

所用で中野に来ました。用が済むとちょうどお昼時。コロッケ入りカレーうどんでも食べようかと歩いていました。すると信号の向こうに「佐世保バーガー」という看板が見えます。

たとえば「喜多方ラーメン」なんかだったらずいぶん見慣れた言葉だし、僕の頭には既に「喜多方=ラーメン」みたいな回路が出来上がっています。

しかし佐世保といえば「港町」「造船業」「ジャパネットたかた」「肥前山口で分割された一方の列車の終点」くらいのイメージしかなく、そこに名物としてハンバーガーがあるのかどうかは知る由もありません(後で調べてみたところ、佐世保はハンバーガーで町おこしをしているそうです)。

しかし考えてみると「港町にはハンバーガーがよく似合う」ような気がするんですよ。まあこれは入ってみるしかないでしょう!

というわけでテクテク入っていきます。カウンターで注文を聞かれます。「佐世保バーガーのラージとホットコーヒー」を所望します。締めて1400円ほど。高いと見るか安いと見るかは食べた人の判断ですね。

さて、まず作り方。鉄板の上で卵二つ、大振りで厚めのベーコン二枚、バンズ二枚を同じ鉄板で焼き始めます。そしてしばらくすると大きめのミートパティーが鉄板に乗ります。

紙にくるまれて出てくるんですが「つぶして食べてください」と店員さんの指示。ひとまず写真を撮って食べ始めます(画像は「やんべの絵随筆」にあります)。

結構なボリューム感です。これを三個食べられる人がいたらかなりの大食漢でしょう。今の僕なら限界は一個半…二個は難しいだろうなあ…って感じです。レタス・トマト・タマネギと野菜も相当量がありまして、かなりのヘルシー感です。

物珍しさの余り、具のチェックとかばかりしていて、今一つ味を覚えていません。また機会があれば、今度は味のレポートをします。
posted by らくた at 23:27| Comment(4) | TrackBack(1) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

カレーコロッケうどん

昨日がやや食べ過ぎだったせいか、今日は朝から食欲がありません。ただ何も食わないと夜まで持たないし…と、立ち食いそば屋に入りました。

コロッケそばを所望します。コロッケそばがなかなか大好きで、たまに猛烈に食べたくなることがあります。汁を吸ったコロッケを崩さないように箸ですくって、口に入れると舌にはコロッケのトゲトゲ感は感じるんですが、舌の上でじわっとそばつゆが染み出してくる感じ…極めたるB級グルメな味わいです。

ところでたいていの立ち食いそば屋では同じメニューの「そば」「うどん」選択式ですが、そば好きなので大抵はそばを頼みます。ただカレーうどんだけは別で、カレーそばはほとんど食べません。

カレーうどん、これにはほんの少しこだわりがあります。カレーうどんのうどんはあまりコシがないやつがいい。普通にうどんとして供されると「ダメじゃん」と言いたくなるようなのが、カレーうどんだとかえってよかったりします。

また、駅の立ち食いそばならほぼこの心配はないのですが、たまに「和風の矜持を守った出汁」とか「スパイスの配合にこだわったカレー」とかを使ってしまう店があるんですが、ああなるとイマイチなんですよね…。

僕が一番好きなカレーうどんは…あるファミレスなんですが、これで名前あげると誉めてるのかけなしてるのか分からないのでやめておきます(笑)。

さてある日のこと。某駅(マジでどこだか忘れた)の立ち食いそば屋に入ると「カレーコロッケうどん」というメニューがあります。あのコロッケから染み出す汁にカレーの味、崩れたコロッケの混じった汁、その汁をたっぷりとまとわせたうどん…迷わず「カレーコロッケうどん」の食券を買い、まるで夏休み前の小学生のように出てくるのを今か今かと待ちわびていました。

この後、カレーコロッケがのった普通のうどんが出て来て愕然とすることなど、もちろん全く予想はしていません…。
posted by らくた at 13:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

池袋グルメ(序)

このブログ、何かとよく「池袋」が話題に上がります。新宿・渋谷と並ぶ、どちらかというと高級でない方の繁華街です。
しかし実はらくた、今でこそ職場と住所の位置関係でよく行く街ですが、馴染みの街になったのはここ三・四年、長く見積もっても五・六年のことです。
実は池袋って街が嫌いでした。一言で言うと「分かりにくいから」なんですけどね。まあ、慣れてきて一通りの用事が済ませられるようになるとそれなりに便利な街ではあるわけです。
そのうちだんだんと「積極的に池袋を評価する」理由が出てきます。ラーメン屋と回転寿司、モツ焼き屋がたくさんあることです。
モツ焼き屋はまだあまり散策していないのでよくは分かりませんが(ただ行きつけの一軒は相当なハイレベルです)、ラーメン屋も回転寿司もそこそこのレベルのものが数あります。あ、あと焼鳥屋でおいしいところも一軒知ってます。

…と並べてみると、どれもぶっちゃけ貧乏くさい。それは「池袋が貧乏くさい街」なのか「貧乏くさいらくたが好むものだから」なのか…判断はお任せします(笑)。
個々の店の話は小出しに出していきます。
posted by らくた at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

ラーメンの話

てるきんさん、ネタもらいました。

さて僕もラーメン話。

まだ僕が東久留米に引っ越して来て間もない頃、ちょっとした行きがかりで近隣のK市の某所にある「○」という名前のラーメン屋さんに入りました。
しかし入る前から何かヤバい臭いがします。腐ってるとかではなくて、出汁の取り方が分かってなくて、とんこつの余分な臭みだけを余すところなく表現してみました…みたいな、何とも名状しにくい臭気がそこはかとなく漂ってきます。

ここで帰ればよかったのですが、どこかで「僕の考えすぎでは…」と思う気持ちがありました。そもそも「ラーメンは美味しいもの」という「ラーメン性善説」に立つらくたには、この後に起こることは予想だにできなかったのです。

実は意外に美味しいかもしれない…と、店の戸を開けました。「いらっしゃい」と声をかけてきたオヤジ、なかなかおいしいラーメンを作りそうな外見。「取り越し苦労だな」と思い、空腹も手伝って「チャーシュー麺大盛り」をオーダーします。テレビでスポーツニュースが流れています。ベイスターズ斎藤隆投手のインタビューだったので興味深く見ていると、どこからともなくヤバそうな臭い…見るとオヤジがスープ鍋の蓋を開けています…。
この段階で激しい焦燥感に駆られ始めます。「チャーシュー麺大盛りは冒険が過ぎたかな…普通のラーメンくらいにしておけばよかったかなあ」…結論から言うとこれでもまだ認識が甘かった…。
さて、運ばれてきたラーメン、見た目は普通です。しかしカウンターから手渡されたラーメンから立ち上るのは…例の臭いです。そして麺を一口…何ともヌルヌルの麺の油まぶしというか…。そしてチャーシュー、これもかなりの臭みがあります。
さあメインイベントのスープ…上半分は油、下半分はお湯…ほとんど出汁がでてない…どうにもこうにも…どうやって食うんだ…?
とにかく外から見えそうなところだけ食べて後は白濁したスープに隠して、会計をして…這々の体で店を後にしました。

ちなみに僕の話を聞いた後、勇敢にもこのラーメンをわざわざ食べに行ったのがPOPLABのニシザワ君ですが、彼の感想はこんな感じでした。

「もう涙も出ません。もし今振られたとしても全然ショックを感じません」
posted by らくた at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

中野渡進投手

この名前を聞いてピンと来た人はベイスターズファンか、少なくともそれなりのセ・リーグファンでしょう。
去年プロ野球界から引退して、最近国分寺駅近くにモツ鍋屋さんを出したそうな。夕べ会社の後輩から「行ってみませんか?」とお誘いを受けて、今日行ってきました。
店は国分寺駅北口からちょっと裏に入ったところにあります。店名は「わたり」。資料に依ればもと雀荘だった場所だそうで、上り階段がいかにもそんな感じの建物の二階です。
ヒップホップ系の音楽が流れている店内にはいかにも今様な青年が三人。そのうちのやたら背がデカいのが中野渡投手。ちょっと細身なイケメンが弟さんのようです。
モツ鍋はキャベツがたっぷり、その上にニラと鷹の爪、キャベツ山の下にはモツが煮込まれているようです。時々弟さんがかき回しに来てくれて、食べごろを指示してくれます。
食べてみるとなかなかおいしい。一見単なる味噌仕立てに見えるのですが、ちょっとザラっとした食感と甘みを感じたのは、摺りゴマか、ひょっとするとピーナッツバターか何かみたいな感じの味で、この食感と味はなかなかおいしゅうございました。
もちろんモツ鍋の後はオジヤです。そこにご飯を入れて、グツグツ煮込んで卵を入れ、青ネギを載せて食べます。絶品です。
隣には中野渡選手の高校の先輩たちが座っており、中野渡選手を交えて繰り広げられる野球話…思い出話かな…を肴にビールを飲みました。
その後中野渡選手に握手をしてもらい(ちなみに手もデカい)、お勘定を払って店を後にしました。国分寺駅に向かっていると、イケメンの弟さんが後ろから駆けてきて僕を呼び止めます。連れが忘れたマフラーをわざわざ届けに来てくれたのです。

また機会があれば是非行ってみたいと思います。みなさんも近くにおいでの際は是非行ってみて下さい。
posted by らくた at 21:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

モツ煮込み

帰りにスーパーに寄ると、豚モツが売っている。以前ある上司がモツ煮込みを作るのは簡単だって話をしていた。作り方もその時聞いたし、試しに作ってみようか…けどその話自体うろ覚えだしな…と、ちょっと迷っていた。
考えているうちに蛍の光が鳴りだした。「えい!ままよ!」と、モツのパックを握りしめて帰宅。
さて、モツと大根をグツグツ煮て、最後に味噌で味付けしたら終わり、と聞いていたのですが、よくかんがえると大根は灰汁抜きをしなくていいのか、モツは下茹でをしなくていいんだろうか…などと考える始めた。何冊かの料理本はあるが、どれもモツ煮込みは載っていない。
仕方がないので大根とモツを別々に数分下茹でをして、また一緒にしばらく煮込んでいく。
煮込んでいるうちに気がついた…「煮こむ」ってことは30分やそこらでは出来上がらないのではないか…というものすごく単純な事実(汗)。仕方ないので冷凍庫から豚肉を解凍して焼いて今晩の夕食に供することにする。
さて、僕の今晩の夕食が出来上がった頃にはモツ煮込みも随分それらしい雰囲気になってきた。そこで味噌を溶くことにする。しかしうちにあるのは「ダシ入り」。溶かしてみるとどうも味噌汁の味がする…。そこで醤油を足してみると…かなりそれらしい味になった。
ついでなのでネギを乗せて七味をかけて、少し食べてみることにしました。それらしい味はしています。しかし大根がまだまだ固い…。
まあ、明日が楽しみだっていうことで。
posted by らくた at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

今日の夕食は…

今晩は久しぶりに自炊です。
料理は好きなのですが、後かたづけが面倒なため普段は外食が中心です。ところが休みの日ではなく、何故か仕事がある日に限って、発作的に自炊したくなることがあります。
自炊をしたくなるのは、まず野菜がガッツリ食べたくなった時。外で安く食べようとするとなかなか野菜にまでは予算が回らないですからね…。あとは会社帰りにスーパーに寄りたくなった時です。駅前に夜12時までのスーパーがあるので会社帰りにも寄れるのが便利です。
今日自炊したのは「野菜が食べたい上にスーパーにも寄りたかった」からです(笑)。

今日のメニュー
玉ねぎ・ニラ・椎茸・もやし・豚肉の野菜炒め
サラダ菜・茹で卵・トマト・胡瓜のサラダ
ネギと削り節が薬味の木綿豆腐
レンジごはん
永谷園の味噌汁

サラダはマヨネーズかけただけだし、野菜炒めも鶏ガラスープの素と塩コショウを適当に振っただけ。パック入り30円引きの豆腐…。どうかんがえても「グルメならくた」は看板に偽りあり、ですよね。
しかし、外食だとそれなりに味にうるさい僕なのですが、不思議なもので自分が作ったものは「美味しい」気がするんですよね…いわば全肯定の世界です(笑)。もうちょっと突き詰めて言えば、家で食べるものが世間相場で「美味しい」必要はどこにもないんじゃないかな…と思うですよね。
僕は間違えても料理は上手くないし、客観的に美味しいものを作っているわけではないのは間違いありません。
けど、それが家庭料理なんじゃないかって気がするんですよね。それなりに気持ちを込めて、それなりに手を抜いて作って、それなりに美味しく食べる。それでいいんじゃないかな。
一人で食べる家庭料理も、まあ悪くないですよ。
posted by らくた at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

最近の好み

らくた、最近焼酎の梅干し入りお湯割り(=梅湯割り)に凝っています。もちろん「つぶしたて」が原因ですけどね。
そうは言っても、そんなに頻繁にも飲みに行けないので、この際、うちに焼酎を買ってきて、お湯と常備されている梅干しで梅湯割りをうちで作ってみたのですが、梅干しがイマイチな梅干しの割にはまあまあ美味しくできました。
梅干しと言えば、今も覚えているのが昔祖母から貰ってきた梅干し。一つ一つ丁寧にシソを巻いて、たっぷり塩をかけて作ったモノらしい。父親曰く「暇にまかせて丁寧に作った」梅干しだったらしいが(笑)。あの梅干しで作ったらもっと美味しかったかもしれないなあ…ちょっとしょっぱいかも知れないけどね。
今回は「甲類焼酎」でなく「本格焼酎」と銘打つ焼酎を買ってきた。どちらにしてもそんなに高いモノではなかったんだけどね。焼酎の区分について、以前ラジオで聞いたことあるんだけど、忘れた…今度調べてみよう(笑)。
そう言えば、最近うまい梅干しもそうなんだけど、うまいまいトマトも食べた記憶がないなあ…。

まあ、この話はまた。
posted by らくた at 02:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

「つぶしたて」一人潜入記

先だって書いた「池袋の某でかい本屋の裏のやきとん屋さん」の話題。

普段は飲みに来るときはバイト講師達と一緒だが、今日は会社が休みなので珍しくこの界隈を一人で歩いていた。それならばたまには一人で入ってゆっくり観察でもしてみようかと店に入った。

メニューによると、この店の名前の由来は「平成元年、学習院下、神田川坪3坪(みつぼ)5席で」開業したことによるそうだ。

まず、モツ焼きなんて言うとおっさんしかいないか、というとそうでもなく、割と若いグループも多い。さすがに女の子二人連れとかはいないが、若い女性を含むグループも意外なまでに多い。
その一方で会社帰りに寄ったサラリーマン風二人連れや一人オヤジも多く、今日僕の隣にいた人は文庫本を読みながら一人で飲んでいたし、その隣の人は「夕刊フジ」とおぼしきタブロイド版をつまみもなしにビールを飲みながら読んでいる(遠巻きに伝票をチェックしたが、つまみを頼んではいないようだ)(追記。これを書いた10分後、その男性のもとには五本の焼きとんが運ばれてきた…失礼)。一人でもグループでも飲める店ということになろうか。
さて、メニューだが、以下概略。

やきとん、つぶしたて15種類…レバ・ハツ・タン・ナンコツ・カシラ・コブクロ・キク・シロ・チレ・ガツ・フワ・テッポウ・バラ・ピートロ・ハツモト…各90円。煮込み・レバニラ炒め・テッちゃん焼き各380円。他に野菜焼きや焼き鳥、居酒屋風一品料理もある。また、日によっては桜刺(=馬刺)などもある様子。
生ビール480円、焼酎お湯割り300円・梅湯割り350円。サワー類は概ね380円。日本酒は福徳長一合320円。

メニューを見る限り仕上げに焼きおにぎり(150円)はあるが、白ごはんはない模様(後で店員さんに確認)。前にも書いたようにこのテッちゃん焼きがうまい!テッちゃん焼きに白ごはん、最高だと思うんだけどなあ。ちょっと残念。

さて、今日のらくたのメニューは
1.モツ煮込みと生ビール
2.焼酎梅湯割りとカシラ・シロ・ガツ・ハツモトの串焼
3.焼酎お湯割り(勿論前に頼んだ梅は残してあるので事実上の梅湯割りだが)とカシラ・バラ
もちろん各内蔵肉はどれがどれやら分からないままに、どれも「うまいうまい」言いながら食ってました(笑)。
さてお会計。90×6+380×1+480×1+350×1+300×1=2050という計算になる。
これでしめて2050円なら極めて明朗会計。結論は2150円。消費税が別なんだそうだ。外税ならば、端数切り捨ては大変良心的ですね。
実はらくた、最初に一品書き漏らしてて、計算が合わず「もう一回計算してみて」といったのにも嫌な顔一つせず電卓を叩き直してくれました。このあたりも良心的…もっとも嫌な顔をしていなかったかどうか、もともとほとんど愛想が感じられないだけによく分からないが(笑)。

さて、只今池袋駅西武線ホーム。飲み屋でのライブブログは終了しました(笑)。
よく考えてみれば、一人で来た客が最初から最後まで携帯でパチパチやってるのに、怪訝な顔一つしない飲み屋って、僕は好きですね(笑)。
posted by らくた at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

ハンバーグ

スーパーで一個100円で買ってきた生ハンバーグ(これがなかなかおいしい)を晩のおかずにしたのだが、作り方。
1.冷凍温野菜なんかを適当にレンジで温めて皿に盛る
2.ハンバーグを焼いて1の皿に盛る
3.そばツユ(適当な濃さにしたもの)に刻んだ大葉とマヨネーズを入れて混ぜる
4.それをハンバーグを焼いた肉汁の残ったフライパンで温め、マッシュルームを足す。
5.4を2にかける

レンジで2分のごはんとインスタント味噌汁を用意する。なかなかB級な晩御飯の完成です。
普通にソースかけて食べてもいいんだけど、ちょうど切れてたんだ(笑)。うちで切れてることがない調味料は塩、醤油、マヨネーズくらいだからね。
posted by らくた at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

最近のお気に入り

池袋にある某でかい本屋の裏の、黄色い看板の焼きとん屋さんが最近らくた的トレンドスポット。そもそも看板にある「つぶしたて」の言葉にひどく惹かれる。潰したての豚っていうのが何ともリアルだ。
メニューを見ると、何だか分からない名前の串焼きが並んでいる。「ガツ・ハラミ・コブクロ…」あたりまでは何とか聞いたことがあるとして、「キク・フワ・テッポウ」辺りになってくると一体何が出てくるかサッパリ分からない。店にはこれらの「丁寧な解説」が張り出してあるのだが、そもそも読んでも、飲んでいるためかさっぱり覚えられない。
仕方ないので皆で適当に頼み、どれもこれも「うまいうまい」言いながら適当に平らげていく。
これが確かに美味いのよ。僕はビール派だからまだやってないんだけど、焼酎のお湯割りに梅干し入れて、適当に頼んだ串焼き食いながら飲んだら相当美味そう。
ついでに言うとここの「ホルモン焼き」がかなり美味かった。ホルモンと玉葱を炒めて、最後にミリンと醤油で味をつけたものみたいなんだけど、これ一皿(\380)で、どんぶりメシ二杯はイケるコトうけあいです。
お近くにおいでの際は是非お試し下さいな。
posted by らくた at 23:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑食人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。