2007年05月08日

松戸駅で感じる違和感の正体

「松戸〜、松戸です。常磐線各駅停車、金町・亀有・綾瀬方面、新京成電鉄はお乗換えです」


駅の放送はこんな感じ。何かこれに物凄い違和感を感じていた僕。おかしな放送なわけではないけど、何か違和感がある…。


今日やっとその正体が分かりました。放送の「新京成電鉄」の部分が「新・京成電鉄」に聞こえるような気がするんです。

「京成電鉄」のイントネーションと「新京成電鉄」の「京成電鉄」の部分のイントネーションは…発音の問題を文章化するのは難しいんですが…少なくとも僕の知る限り全く違います。「京成電鉄」の「けいせい」は「低-高-高-高」となりますが、「新京成電鉄」の「京成」の部分は「高-やや高-やや低-低」と、段々下がっていくイントネーションになります。ところが松戸駅の放送では「京成電鉄」の前にそのまま「新」をつけたイントネーションで発音されているんです。そのために「新」の後に一拍空白があるように聞こえるんです。

これが単に発音の問題で済めばいいのですが、僕の中では全く違った「化学変化」みたいなものが発生します。

僕の頭の中では「新京成」は「松戸と津田沼を結ぶ路線」…もちろん京成の子会社であることは分かっているのですが、もはや「東京⇔成田を結ぶ路線」の「京成」とは全く別概念として存在しているのです。そのため「新・京成電鉄」的な発音をされると「えっ?それってどこ走ってる鉄道?」となってしまうようです。

以前このブログで「新小岩」の地名について論じた記事のコメント欄で、僕は「新小岩は小岩とは全く別概念だ」と書いたことがあります。仮に「新小岩駅」が「新・小岩駅」と発音されると、間違いなく「えっ?新しい小岩駅ってどこ?」となってしまうでしょう。それと同じことが「新京成」でも起こっていたわけです。

こう考えて来ると、二つのことに気付くわけです。一つは「新〜」というのは、最初は「〜」に従属した名称であったはずが、時が経つにつれて一つの新しい概念に昇華していくものなんだなぁ…ということ。もう一つは、僕らの使ってる言葉という媒体は、思っている以上に微妙なものなんだな…ってこと。言葉にすればこんなに面倒臭い話しになるようなことを、印象として処理している人間の頭って、やっぱりすごいもんだな…と感心しきり。
posted by らくた at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

PASMOのある東京都下

この18日から、SuicaとPASMOの「相互乗り入れ」が始まりますね。

僕はSuica定期券を利用しています。Suicaにお金をチャージしておけば、定期区間外に乗り越した場合なんかは自動精算、駅で切符売り場に並ばなくてよい、磁気定期券のように定期入れから取り出さなくてよい…などなど、なかなか便利です。

しかしその一方で、思わぬ散財を引き起こしてくれたりもします。チャージしてあると、定期券が切れていても改札が通れてしまうので、定期が切れていることにしばらく気付かないことがあります。定期の期限切れに気がつくまでは、定期区間を普通運賃で乗り続けることになったりもするわけです。僕は定期の期限切れに気付かず、何日かそのままSuicaで乗り続け、チャージ金額が切れたところで定期切れに初めて気付きました…これはかなり間抜けな例ですが…(笑)。

また、PASMOには残高が一定額を切ると、自動的にクレジット払いでチャージされる「オートチャージ機能」というのもあるそうです(Suicaにもあるよねぇ…どうだっけ?)。降車駅の自改機を通ろうとしたらSuica残額が足りず、再度精算機の長い列に並ぶ…なんていうことはよくありました。これがなくなるのはなかなか便利そうです。

ただ、僕のようなうっかり者にはオートチャージ機能は怖いかも…です。ひょっとすると半月くらい定期が切れているかもしれない気がしまして…(笑)。

今回のSuica・PASMO相互乗り入れ、僕にとっての最大のメリットは、これでやっと定期が一枚にできることです。Suicaの恩恵に浴するために、JR区間と私鉄区間を別々に持っていた人は意外に多いんじゃないでしょうか。

しかしここでまた問題が…。気がついたらJR区間の定期の方が、私鉄区間の定期よりも4日ほど期限が短いんです。期限をそろえるには4日間JR区間を普通乗車券で乗らなければなりません。1日約1000円、4日で約4000円…便利さのためにこれを払うか…僕の度量が試されている気がします(笑)。
posted by らくた at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

E531系のサロ

070314_2320~01.JPG070314_2320~02.JPG

3月17日まで、常磐線のグリーン車はお試し期間中につき普通乗車券のみで乗れます。おかげでここのところ通勤時はグリーン車で往復、何となくエグゼクティブな香りのする毎日を送ろうと思っています。

17日までは毎日グリーン車もいいのですが、確か18日の改正から上野まで来なくなるらしいE501系とか、余命幾許もないであろう403系・415系なんかにも乗っておきたいんだよなぁ…。

まあ、通勤のついででもなければわざわざ乗りには行かないわけですが…(笑)。
posted by らくた at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

京都

060901_0956~01.JPGバスが強烈に遅れていたので、急ぐ旅ではないが京都で下車。京都は修学旅行で来たことくらいしかないから、全く土地勘はない。

京都から大阪に出るのにJRも何となく芸がないので、地下鉄で三条まで来て、一度出町柳に戻って京阪乗り通しをやる予定。
posted by らくた at 09:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強行軍

夜行バス往復でチラッと大阪まで行って来ます。

せっかく最前列の一番楽しい席だったのに、飛び込み客が来て座席移動となりました…かなり悲しい…(笑)。
posted by らくた at 01:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

写真は撮れなかったが…

今し方、不思議な軽自動車とすれ違った。普通のワンボックスタイプの車なんですが、何故か横に

「キハ52-501」

というカッティングシートが貼ってあります。何故キハ52なのかは、そりゃあ好みの問題かも知れませんが、何故501…?そもそも実在するのか…?それも何故車に…?

謎は尽きません…(-""-;)。お詳しい方、ご教示ください。
posted by らくた at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ゴールデンウイークの比較的谷間

5月2日の顛末です。

さて、明け方の話です。何となく繋いだ某レンタカー会社の携帯サイト。どうやら携帯で予約ができるらしい。ただどうせGW中、空いている車なんかないだろうなぁ…と見てみます。自宅から近い都内の営業所の車はすべて出払っています。もちろん想定内なんですが、ふと、うちからは埼玉県も近い事実に気付き、○沢の営業所の情報を覗いてみると…残ってます。何だかその車が僕を呼んでいる気がします(笑)。そのまま11時から24時間で予約。一眠りしてから出かけることにします。

さて、生憎の雨模様の中、3駅ほど電車に乗って件のレンタカー屋さんに着きます。用意されていたのは緑色の現行型VITZです。

まあこの後、ちょっと事情があって、お出かけタイムに入ったのが13時過ぎでした。さて、今回の行き先ですが、何となく蕎麦が食べたい。そういえば諏訪湖のほとり、岡谷市役所のそばに美味しい蕎麦屋があります。ここの蕎麦、いなせを変に気取った細過ぎる蕎麦でもなく、かといってもぐもぐ噛んで食べざるを得ない田舎蕎麦ほど太くもない。角が立ってつやつやしている。汁も蕎麦の邪魔をしない旨味と適度な醤油味。けどここの蕎麦は変に通ぶらなくてもどっぷりと汁につけたいとは思わないでしょう…とにかく香りがたった蕎麦なんです。ここで蕎麦を食べよう。そうだ、そうしたらすぐそばにある蚕糸博物館で機織り機でも眺めて来るか…。

甲州街道から諏訪湖・ビーナスライン・和田峠・杖突峠を通って高遠へ、ちょっと足を延ばして塩尻峠から松本、時にはさらにフォッサマグナを辿りつつ日本海へ…昔から信州は僕の大好きなドライブコースです。

さて、いつもなら甲州街道から下道で向かう道筋ですが、今回はちょっと目的地があることもあり、調布から中央道に入ります。このまま岡谷まで高速で…と、ものすごくお大尽なことをします(笑)。

途中、バケツをひっくり返したような雨に見舞われたりもしましたが、甲府盆地にはいった頃には雨も止み、小淵沢辺りに着くと薄日もさしてきました。右手に黒っぽい雲に頭が隠れた八ヶ岳が見えます。

下道だと甲州街道で一番楽しい富士見の峠道も、高速だと気付かないうちに通り過ぎて諏訪南、次が諏訪インターです。せめて湖を一回りして岡谷に入ろうとここで高速をおります…けっして一区間分の高速代が勿体ないと思ったわけでは…ないような気がします(汗)。

さて、岡谷蚕糸博物館の駐車場に車を入れたのが4時10分くらい。とりあえず蕎麦屋の場所確認に行きます。…確かにこの辺りなんだけど…ありません。この間まであったんだけど…あれっ?俺がここで蕎麦食べたのって…10年近く前?!その後時間が遅くて食べられなかったことが何回かあったけど、それも最後はかれこれ5年くらいは前?

よく見ると見覚えのある場所に見覚えのある建物が…確かにここです。しかし今はひっそりと静まり返っています…。5年…10年…世の中のいろんなものを飲み込んでいくほどの時間が、僕に気付かれないように流れていたんですね…。

ただここでの僕の落胆は「無常への詠嘆」とかではなく、純粋に「蕎麦への詠嘆」だったんです…らくたがらくたん…(爆)。

蕎麦屋探しに時間がかかり、蚕糸博物館に入っても30分…いいや、やめた!(笑)

ところで最近のレンタカーはカーナビが標準なんでしょうか、田無で「行き先・岡谷市役所」と打ち込み、あまつさえカーナビが指示したインターよりも手前で勝手に下りた僕を、健気にここまで連れて来てくれました。まだまだ働いていただきましょう(笑)。

次は諏訪湖のほとりにある、ヘルシーパル岡谷に向かいます。日帰りでも入れる温泉施設です。この間から腰痛のらくた(注:その後快調ですが)、ここはぜひ「湯治」気分を味わいたいわけです(笑)。

ナビの道案内で向かいます。…が、カーナビの道案内が悪かったため、一度道に迷います(笑)。着いてみるとなかなか立派な建物。入浴料は500円。お湯は褐色でわずかにヌルヌル感。露天ではないんですが、それでもガラスの向こうに見える諏訪湖とその向こうの山々の眺望はなかなかです。

体もポカポカ暖まります。また車に乗って走り出すのですが、どこということもなく走ります。岡谷市から下諏訪町に入ります。

走りながらふとカーナビの画面を見ると「湖畔の湯」という文字が見えます。そうだ!今日は『腰痛らくた・日帰り温泉、温泉銭湯巡りの旅』だったことにしよう(笑)。

さて、湖畔の湯は入浴料が250円…だったかな?お湯は無色透明で、わずかに温泉臭。温度は高め。外には打たせ湯と3人くらいが定員の小さな露天風呂があります。外には大きな看板もなく、余り観光客目当てではなさそう。のんびりした雰囲気が○。

さて、今日は腰痛改善日帰り温泉巡りの旅ですから、2か所はちょっと少ないですよね。ひょっとすると下諏訪温泉郷あたりにもあるんじゃないかなぁ…。

ちょっと走って諏訪大社下社前に着きます。何度も前まで来ているのに一度もお参りをしたことはありません…神社仏閣にお参りをするような時間は僕の活動時間外です(笑)。

旅館街に「児湯」という日帰り温泉施設があります。行ってみます。ここは料金220円。湯船は大小二つ、外にはやはり3人くらいが定員の露天風呂をトタン屋根で覆ってあります。お湯の感じは「湖畔の湯」と同じ感じでしょうか。ここ、昼間は休憩所も完備(別料金)しているようで、わりにのんびりできそうです。

そろそろ体はポカポカなんですが「児湯」で手に入れた下諏訪温泉ガイドマップには、ここから程近いところにまだ「温泉銭湯」が2軒あります。

ところで、ちょっと財布の中が寂しいことに気がつきました。近所にコンビニがあるので金を下ろしに行くことにします。

このコンビニ、高校のそばにあります。部活終わりの生徒達でしょうか、喧騒感はコンビニというよりは夕方のスーパーマーケット。ただ「深いにうるさい」というよりは「活気がある」という印象でした。

さて、お金を下ろしたらくた、次なるターゲット「新湯」に向かいます。入浴料220円也を支払って入っていくと、70代くらいのおじいさんが3人、話をしながら洗い場にいます。お風呂の大きさは、ちょうど民宿に毛が生えたくらいの旅館にあるお風呂場くらいの大きさ。ここも湯温は熱めなので長湯には向きませんが、しばしご老体の四方山話に耳を傾けて過ごします。

随分お風呂に入って、腰もスッキリです。

ところで、今日僕が旅に出ていることは行き掛かり上会社の面々には知られています。さすがに土産の一つも買っていかないわけにはいかんでしょう。さてお土産を買うなら…と上諏訪駅に向かいます。駅前の駐車場に車を止めて、駅の売店でお菓子類をいくらか買い込みます。

そして車に戻ったのですが、蕎麦を食いっぱぐれた影響か、腹が減ってきました。信州って言えばやはり蕎麦なんですが、もう蕎麦屋が開いている時間でもない…しばらく走っているとラーメン屋があります。まあいっか…と、そこに入ります。何か気持ち的には敗色濃厚です…実際…完敗でした。敗因は「油」。味噌ラーメンの上に乗ったモヤシが、古い油で炒めたような味がします。チャーハンも同じ印象。

今日は食には恵まれませんね。

さて、明日も仕事だし、そろそろベクトルを自宅の方に向けよう。帰りは下諏訪温泉から和田峠→上田→軽井沢→碓井峠→高崎→関越道で帰ろうかと思って再度下諏訪温泉郷へ。途中で和田峠→佐久→十国峠→秩父経由に変更してオール下道。5時間くらい運転を楽しんで2時半に帰宅しました。


長距離ドライブと温泉、差し引きで腰にとってはよかったのか悪かったのか…考えないことにします(笑)。
posted by らくた at 14:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

昔の名前で出ています?

今日は朝から風が強く、電車があちらこちらで遅れてました。で、会社の最寄り駅のホームの電光掲示でも、あっちこっちの路線の遅延情報が伝えられています。するとその中にこんな案内が…

【一部運休】東金線は国鉄千葉動力車労働組合のストライキにより…

あ…一時は千葉動労ってかなり聞いた名前ですが…まだ活動してたのか…。そもそも国鉄がJRになってかれこれ20年近く経ちます。来年には平成生まれの大学生も登場する訳で…昭和は遠くなりにけり…。

「戦争を知らない子供たち」って言葉には僕は何のリアリティーも持ちません。そもそも僕は「戦後」すら知らない世代な訳で…。

しかし「国鉄を知らない子供たち」が、そろそろ成人を迎える世代になってきているんですよね…。僕にとっては何とも言えないリアルな響きです。

こうやって段々と歴史の生き証人になっていくんでしょうか…。
posted by らくた at 03:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

JR西日本 下関駅で火災?!

表記のニュースを今見ました。報道によれば、駅に隣接する職員施設から発火して、駅に燃え移り、まだ燃えている様子。この後到着予定の寝台列車は手前の駅で待機中で、けが人などは今のところいない様子。

聞きかじりのニュースだったので幾らか不正確な点はあるかも知れないです(あれば後ほど訂正します)が、それにしてもかなりびっくりしました。もちろん原因の詮索とかをする気はないんですが、職員施設から出火というと、その原因によってはまたJR西日本が…っていう話にならないとは限りません。もちろん今日の下関駅の営業に影響が出ることは間違いないでしょうし、下関のような拠点となる駅が使用できないとなるとかなり広範囲の列車運行に影響が出ることは間違いありません。

例えば駅前の寿司屋が食中毒を出して営業停止になっても、隣町の寿司屋に行くか、今日は寿司を食べるのを諦めればいいことですが、駅が使えないというのはそういう問題とは全く違います。今日朝起きて、いつものように起きて、鉄道で会社に行こうと思った人はものすごく驚くでしょうし、ものすごく迷惑するでしょうね。代替の交通手段がそんなに簡単に見つかるくらいなら、鉄道なんてわざわざ使わないでしょうからね。また、鉄道よりも便利で正確な交通手段が見つかれば、鉄道なんて見捨てられていくんじゃないでしょうかねぇ…。

かれこれ20年前のこと。国鉄の分割民営化が議論されていた時、民営化反対の論拠の一つとして「民営化で国鉄と同じレベルで安全性が確保できるのか」ということがあげられていたような記憶があります。僕は基本的に「官から民へ」論者ではないし、むしろ逆の立場といってもいいくらいなのですが、国鉄の分割民営化には賛成でした。私鉄より国鉄の方が安全だというのは根拠がない気がするし、地域密着サービスを考えた場合、分割民営化は非常に妥当な議論に見えたからです。

もちろん現時点で火災の原因ははっきりしていませんから、放火とか、JR側には何ら落ち度がない可能性もあるのですが、世間の鉄道に対する「信頼」が下がるような出来事がまた起きたのだとしたら、やはり鉄道愛好家の端くれとしては残念でなりません。
posted by らくた at 04:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

JR東日本でも脱線事故

日曜日、仕事が終わってうちに帰ってみると、また電車がひっくり返っている映像が映っていました。何が起こったのか…と見ていると、羽越本線の特急いなほ号が脱線転覆したようです。

事故が直線区間で起こっていること、事故時かなりの荒天であったこと、また車両が485系で、西日本の207系のような軽量構造の車両でないということを考えると、事故の「外見」は福知山線事故とよく似ていますが、原因は全く別種の事故と見るべき…少なくとも「同種である」と考える根拠は明らかに欠けているでしょう。

当日深夜、某テレビ局でのニュースでのインタビューに答える乗客。

「いや、電車が遅れてるから、直線区間で取り返そうってちょっと飛ばしてないかって話してたんだけど…」

本当に飛ばしていたのかもしれませんが、その一方で雪・風による横揺れ、もしその手前で徐行をしていればその速度差で飛ばしていたように感じただけという可能性もあります(後の報道で、運転手が100km/h前後で走行中と証言していると聞きましたが、速度超過であるかは分かりません)。

ただいずれにしても報道する側に「福知山線事故との類似した事故」という思いこみがあり、仮に結果として速度超過が主原因であったとしても、発生直後の報道としてはどうなんでしょうか…やや疑問を感じます。

事故で犠牲になった方のご冥福と、お怪我をなさった方の一日も早い回復をお祈りします。
posted by らくた at 12:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

爺の頂点じゃ(笑)

image/rakuta-2005-11-29T01:11:56-1.jpg

久しぶりに見ました。ZZ−TOPがCMやってましたねぇ。あのCMは好きだったんですけどねぇ…車はさっぱり見ませんねぇ。
posted by らくた at 01:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

湘南新宿ライン

今日は夜中から車で茅ヶ崎を往復し、朝7時に帰宅、一眠りした後横浜の楽器フェアへ。その後新宿でPOPLABの宴になだれこみます。

しかし横浜も久しぶりだなあ…。僕は大学時代を横浜で過ごしたんですが、気が着いたら卒業してからかれこれ十年近く経っているわけで、駅もずいぶん様変わりしていますね。何より池袋から湘南新宿ラインで乗り換えなしで横浜に出られるって、もちろん既に何回か利用してますが、やはり隔世の感ありです。
posted by らくた at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

武13系統

昨日出かけようとバスに乗りました。

昨日から西武バスは時刻改正です。もちろんバスの時間は頭に入っていませんし、そもそもバスの時間なんていうものは、渋滞とかで結構流動的ですから、頭に入れておいてもそんなに役にたたないわけですね。西武バスは携帯から見られるバスロケーションシステムがありますから、大体はそれを見ながら家を出ますが、今日の場合は急ぐ旅でもないので、時刻も確認せずに家を出ます。

僕の家の最寄のバス停からは清瀬駅南口行きのバスと東久留米駅西口行きのバスがあるんですが、今日は先に来た清瀬駅南口行きのバスに乗ります。この清瀬行きのバス、昨日から担当営業所が最寄の滝山営業所からちょっと離れた小平営業所に替わっています。何か変わったところでもあるのかと、ちょっと楽しみに乗り込みます。

違いはといえばバスの中の貼り物ですね。小平を中心としたエリアの広告が中心になってますから、結構立川方面の店舗の広告なんかも見受けられるのが新鮮です。また、運転手さんもイマイチこの路線に慣れていないのか、バス同士のすれ違いで、わざわざ左にハンドルを切ったり、降車ボタンが押された停留所のところでやや慌て気味にブレーキを踏んでいたりしたのが印象的です。

しかし、今回の営業所の変更、あんまりこのバスのエリアと関係のなさそうな小平営業所担当になったのはどうしてなんだろう…この謎は未だ解けぬままです。
posted by らくた at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

車内放送

「この電車、準急池袋行きです。つぎのひばりヶ丘で、急行飯能行きと待ち合わせいたします」

…いつから西武線は単線になったんだろう…まあ単なる言い間違いなんですが(笑)。
posted by らくた at 11:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

発車間際の…

駆け込み乗車は大変危険ですが、何も駆け込むのが見え見えなのにドア閉めなくても…まあ駆け込んだ人が悪いんですけどね(汗)。
posted by らくた at 23:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

解答の発表です〜

さあ「妙な実験」の結果が出ました。これが必ず正しいのかは分かりませんが…

実験レポートはこちら
posted by らくた at 00:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

妙な実験

今朝…っていっても昼過ぎですが、電車に乗ろうとすると、定期が切れています。しかし時間もなかったので切符を買って電車に乗ることにしました。

さて今日は仕事が忙しく、会社を出たのが11時15分過ぎ。腹が減っていたので夕食を食べると11時半を軽く過ぎています。

さて、帰ろうかと池袋駅に向かい、ふと気がつきました。あと30分弱待てば、ひょっとすると定期は7月12日使用開始になって、期限は8月11日までになるのか?だったらちょっとだけお得〜。

ただもう一つの可能性があって、「終電までは7月11日発売の扱いになり、期限は8月10日まで」の可能性。

皆さんどちらだと思います?正解は約10分後に。
posted by らくた at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

本日の西武池袋線

夕方、あるバイト君が「人身事故の影響で」遅刻してきた。

夜、友人からメール。曰く「西武線遅れてるよ」。駅に着くと駅員さんが案内中。只今25分遅れとのこと。らくた聞いてみました。

「今日人身二件目ですか?」

「ええ、そうなんですよ…あ、今の遅れは午後二時過ぎに起こった事故の影響なんですが、朝七時半過ぎにも人身事故がありまして…」

ぺこりと頭を下げます。

「いえいえ。ありがとうございました。ご苦労様です」

らくた、その場を離れました。
posted by らくた at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

警視庁なんだが…

小金井街道を歩いていると、向こうから妙に厳ついパトカーがやってきます。ボンネットには透明のフードがついていて、いくらかローダウンされている感じです。あれ?以前見た車と同じでは…?

よく見ると今回は警視庁の車ですから、今回の車とは別の車です。まあここは都内ですから、警視庁の車ですから何もおかしくはないのですが、なぜか品川ナンバーがついています(このあたりは多摩ナンバーです)。天井を見ると「速10」みたいな番号が書いてあります…つまりハイウェイパトカーなわけですね。なるほど。

ただ、前回見た車は神奈川県警の車で、それも小金井街道を清瀬方面から武蔵小金井方面に向かっていました。今回は小金井街道を武蔵小金井方面から清瀬方面に向かっていく警視庁の車なわけです。

しかしハイウェイパトカーが何でここを通っているかということ自体かなり謎です…。
posted by らくた at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

そういえば青梅駅

只今会議帰りで高田馬場。この駅の発車メロディーは「鉄腕アトム」。アトムは2003年に高田馬場で作られたという設定だからだったはずです。同様に新座駅もアトム(アレンジは違う)ですが、こちらは「手塚プロ」が新座市にあるからだという話。確かアトムの住民票は新宿区から新座市に移されたなんて話もありましたが、今はどうなっているやら…話題に上らないので知りません(笑)。

で、この間行った青梅駅の発車メロディーは 「ひみつのアッコちゃん」でした。由来等は…そのうち調べてみます(笑)。
posted by らくた at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 乗物人らくた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。